2015年06月14日

母が死んだときのこと、の詩

20150213_1444381.jpg

去年、母はよく食卓テーブルに肘をついて、
私をじっと見ながら、
「なんでこんな子に育っちゃったんだろうか?」
と本当に心の底から不思議でたまらない、
というか、
全くもって理解できない、
というふうにつぶやいていた。

母は母なりのやり方で
おそらく私を愛してくれて、
私は私のやり方で母を愛していて、
それをお互いどこかでわかってはいたと思うけれど、
母が生きている間は、
2人の間はゴツゴツした感じだった。

母の死後、
タロットで母が私に何を言っているか聞いてみると
「この子じゃなければよかったのに」
と出てとても悲しかった。
でも、数週間経つうちに、
それは少しずつ変わっていって、
「(私のことを)理解した。」
と出るようになった。
ホッとしたし、うれしかった。


::::::::::::


私はずっと母の期待はずれなことばかりしてきた。
母の期待に添うことをすると
私が母を愛することができなくなってしまうと
思ったから。

母は、きっとそのことを理解できなかっただろうし、
寂しかったと思う。

でも、去年の春に母が病気になって、
ほんの数ヶ月だったけど
札幌で一緒に住むことができてよかった。

東京の生活をいきなり捨てて、
札幌に来てよかったと思っている。

写真 1.JPG
(母が買ったポストカード。三岸好太郎のちょうちょ)


そのときもお互いに理解し合うことは
できなかったけれど、
BFと3人で一緒に外でおやつを食べたり、
三岸好太郎のちょうちょの絵を
見にいってチェロを聴いたり、
BFと3人で毎日散歩をしたり、
そういうことができてよかった。

よく東京で道を歩いているときに、
母とそういうことができたらいいのに、
と考えて悲しくなっていたことが
何度もあったから。

母には寂しい思いをさせたと思うけれど、
そして、私が年をとって母の年になる頃には
もっと母のことを理解することができて
いろいろなことを後悔するのかもしれないけれど、
今の時点では、後悔のないように
母に接したと思う。

(私の仕事中、BFと母はよく2人で
おそばを食べに行ったり、
モンクールさんにパンを買いにいったり
デパートに買い物に行ったりしていて、
それも楽しそうだった。
BFのほうが母と散歩していた時間は
わたしよりも長いかもしれない)


::::::::::::

母は、病気で大きな手術をしたが、
大成功し回復も早くて、
札幌ではない、自宅に一人で戻っていて
お友達に電話をしている最中に
母は手術した部分とは別の
動脈瘤が破裂して即死した。

そのとき、ひとりでどんなに怖かっただろうと思い、
とても恐がりやさんだった母のことを考えると
心がくるしかった。


写真 2-3.JPG
(母が買ったポストカード。三岸好太郎のちょうちょ)

母の気持ちはわかるわけないけど、
三七日の前日、寝る前に、勝手な解釈で詩をかいた。

そして、三七日の朝、
その詩を仏壇の前でBFが読み上げていたら、
突然曇っていた空が晴天になり、
部屋に太陽の光がたくさん入ってきて、
母が聞いている合図をしているのかなと思った。
そのサインがあまりにも強烈で驚いたBFが泣いてた。

その詩を、詩のblogにひさしぶりにUPしました。
「母が死んだとき」http://beforesleep.jugem.jp/?eid=81

この中に出てくるスカーフというのは、今までみたこともないくらいおしゃれで個性的な手織り作家制作のもの。たまたま近所で展覧会をやっていたことを知り、最終日に買いにいき、プレゼントしあいました。母のはお棺の中に入れてあげたので、この世にはもうない。
タグ:母娘
posted by R (あーる) at 06:37| Comment(4) | 今日の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

今日の詩は「Happy Birthday to T 」

birthday.jpg

きょうはBFのたんじょうび。

夜中0時が過ぎたとき、
BFの部屋に行って
彼のためにつくった詩を読んであげたら
泣いてよろこんでくれたひらめきドコモポイント


誰かのために詩を書いたのは初めて。

すごく難しいと思っていた。
片思いとか、
今もう死んでしまってここにいない人へ向けてなら
書く事も浮かんでくるかもしれないと思うけど
いつもいっしょにいる人に向けて
あらためて詩を書くなんて、、。
外国人ならできるかもしれないけど
わたしには無理、と思っていた。雪

でも、できてよかった。
そしてそれが彼の中に届いてよかった!!




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



このごろ、眠る前に
あるフレーズが
繰り返し頭の中に鳴り響くことがある。
3日くらいそれが続いたので
紙に書き取ってみたら
その続きが書きたくなって
ベッドの上に寝転んで
最後まで書いたら
詩が久しぶりにできあがって
うれしかった。

そんな感じでこのごろは
また詩も書いている。

詩を書いていると
精神が落ち着くのでいいような気がする。三日月半月やや欠け月満月犬






^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「Happy Birthday to T 」

birthday.jpg

おたんじょうびおめでとう
キミの40才のたんじょうび
空に星は出ているかい?
夜に飛ぶ旅客機は
キミの住む家の頭上を
飛び越えて行ったかい?……………このつづきはこちら







^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


明日12日も16:00〜21:00まで
渋谷の「エンジェル ストーン」さんにて
タロットリーディングをさせていただきます。


ご予約もエンジェルストーンさん店頭orお電話にて受付中です。
エンジェルストーンでのセッション予約専用電話番号:
080-3598-7034


予約なしの当日のリーディングも全然OKですので
渋谷にいらした際にはぜひちらりと遊びにきてください!

短い10分間リーディングもありますよ。

Angel stone-天然石専門店「エンジェル ストーン
〒150−0042
東京都渋谷区宇田川22−2 1Fシブヤエンゼルハート
渋谷駅ハチ公口スクランブル交差点からすぐ!
センター街側に入り口があります。店頭はシルバージュエリー屋さんで、その奥です。



posted by R (あーる) at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

今日の詩は「プリミティヴコード」

bird.jpg

せっかくつくった詩のblog「眠るまえに書くことば」
ずーっとほったらかしにしてしまっていたのですが、
ひさしぶりに詩をUPしてみました。

「プリミティヴコード」というタイトルで、
いまは残念ながら廃刊になってしまいましたが
「少年文芸」という雑誌に載せていただいた詩です。
(そのときは西岡兄妹さんのすてきなイラストがついていました!)



タロットのblogを作る際に
何かぴったりなタイトルがないかな、と
探していたとき、
この詩の題名を思いだして使いました。

根源的な魂にカードがアクセスするということで、
我ながらぴったりじゃないかと思ったのです。

いま、タロットを毎日のように仕事としてやっていて、
自分のカードに書いてある
「primitive code」
という文字をみるたびに
この詩ももうちょっと浮かばれてもいいような気がして
詩のブログに載せてみることにしました。

読んでみていただけたら
すごくうれしいです。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「プリミティヴコード」

bird.jpg

新しい物語を作ったら来て
行方知レズの言葉の行き先
たどって全部あつめたら来て
わからないこと
わからないと叫んだ位置から
見えなかったもの
全部見てきて
私に見せて……………このつづきはこちら







^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
それから、

primitive code(タロットのblogのほうです。)で
先日R-TAROTセッションを体験してくださった
MIECOさんのblog記事「新入りの天然石」を
ご紹介させていただきました。

タロットでの石選びについてです。

タロットで石を選ぶって???
と不思議に思われた方はぜひ遊びにきてください 揺れるハート


本日(もはや昨日)は、このblogを読んでくださっているという
Kさんが予約して足を運んでくださって
とってもうれしかったです!!

Kさん、どうもありがとうございましたぴかぴか(新しい)


タグ:今日の詩
posted by R (あーる) at 01:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

今日の詩は「Youth」

ヴィーナス 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2008-05-08)
売り上げランキング: 36599
おすすめ度の平均: 4.0
4 死を意識した老人が 奔放な娘を愛したとき・・・
4 年はとってもかわいい「チョイワル」ね!
4 愛しのジャンキー・ヴィーナス
5 名優の演技を堪能
3 どこを一番伝えたいのか



すばらしい映画を見た。
そして「若さ」というものについて考えた。

何かの映画かドラマの中で、
中年以降の男性が若い女にひかれるのは
死の恐怖からなんだと言っていた。

デヴィッドリンチの「ストレイトストーリー」では
年をとってつらいのは
若いときの自分を覚えていることだ
というようなことを
主人公のおじいさんが言っていた。

年をとるということがどういうことなのか、
毎年ひとつづつ年をとって
もう人生の折り返し地点(!)な年になっているというのに
私にはまだよくわからない。


同じ年の友達が、
「もうわたしたちもいい大人なんだからさ
(もっと常識的にならなきゃねというニュアンス)」
などというのを聞くとガックリくる。

成熟と、既成概念に縛られることが
混ぜこぜになっていて、でもそれが
世の中に浸透しているのだと痛感するからだ。

わたしは現実から逃げているだけなのかもしれない。
でも瞬間的にそう感じてしまう。

いくらシワシワになっても
心だけは自由でいられるとおもう。
本当の意味で自由、というのがわたしにとっては
年をとらないということなのかもしれない。
そしてそれは年を重ねた大人だからこそ
できることかもとも思うこのごろです。



私が尊敬している本物の大人は
楳図かずおさんと岡本太郎さんです。ぴかぴか(新しい)



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「Youth」

Youth

彼が持っていたのは
それだけ
彼女が持っていたのは
それだけ
だからとっても軽かった
何ものともまだ
つながっていなくて…………… このつづきはこちら

posted by R (あーる) at 18:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

今日の詩は「Into the white」

バタフライ

瞑想を真面目に毎日やっている。
瞑想をしていると、突然
言葉や情景がウワッと立ち上ってくることがある。
ゆうべも
「気が遠くなるほど真っ黒な」
という言葉が出てきて、
それを書き落としてみたら
それに続く他の言葉がゾロゾロと出てきて
なんの苦労もなく
あっという間に詩ができあがって
良い気分だった。


水瓶座 水瓶座 水瓶座


大尊敬をしているデヴィッドリンチも
瞑想を毎日しているそうだ。
たった20分の時間をとるのが
惜しいと思うときは
デヴィッドリンチのことを
思いだすようにしている。

それに確かに瞑想は
創作に良い影響を与えると思う。


水瓶座 水瓶座 水瓶座


「気が遠くなるほど真っ黒な」
という言葉の行方は
こういうところに行き着くのか
と、自分でも意外な発見でした。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「Into the white」

バタフライ

みんなといっしょに
まちがいさがしをしていたのは
ほんの昨日
だけどほんとうは
知っていた
そのなかには
まちがいなんて
ないってことを…………… このつづきはこちら




(もし気に入ってもらえたときには
ランキングバナー(詩のblogの右サイドバーについてます)を
押して行ってもらえるとうれしいのです。 リボン犬
posted by R (あーる) at 15:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

木と海と私の関係

20090725_876302.jpg

先日読んだエンピツは魔法の杖―物語・詩・手紙…ニューヨークの子どもたちに「書くこと」を教えた作家の奇跡のような3年間
という本の中で、
みんなで木の詩を書くシーンがあった。

身近なものを題材にして、
こんなステキな詩ができるものなのかと思い
自分でも木の詩をつくってみようと思った。

最初は家で書いてみたのだが、
パッとしないものしかかけなかったので
その状態に埋まってしまう前に、外に出て
実際に木を見ながら書くことにした。


射手座  射手座  射手座


それで、今日は公園に行って虫にさされながら
笹薮の中の大きな木の前で詩を書いたのだが、
その間中、どこかのおばさんが、
影に隠れながら私のことをずっと見張っていてイヤだった。
もしかして自殺でもすると思われたんだろうか、、。



しかし、そんな苦労をして書いた詩も
パッとしない出来だった。


射手座  射手座  射手座


それから池の近くの草むらに寝転がって
空を見た。
曇っていたから空は真っ白だった。
犬と赤ん坊の泣き声がうるさかったので
ipodでプライマルスクリームを大音量で聴きながら
その白い空を見ていると
天国みたいだな
と、じわり幸せを感じた。
でも、こんなに簡単に幸せが手に入るわけがないとか
どこかで思いながら、
でもやはりすごく気持ちの良い瞬間だった。


射手座  射手座  射手座


そのとき、
木を賛美するような詩を
書こうと思っていること自体が
まちがいなのだと気がついた。
そう、
木の質感などは大好きだが、
私はなぜか木を恨んでいるようなところがある。
(木というよりも、その集合体かもしれない。
それとも、動くことのない木の状態を
見ていることがつらいのかも。)
だけど、こんなエコ時代だし
木を賛美しないでどうするの、
というような気持ちがあったのだと思う。

それから、池のまわりを半周して、
ベンチに座り、
もっと本当の気持ちの詩を書きました。
それが、今日の詩です。


(もし気に入ってもらえたときには
ランキングバナー(詩のblogの右サイドバーについてます)を
押して行ってもらえるとうれしいのです。ハートフリーダイヤル



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「木と海と私の関係」

20090725_876302.jpg

木はいつだってあたりまえのように
そこにいて
私とは何の関係もないという顔で
私が泣いているときも
こまっているときも
ただそこで突っ立って
息を殺して
見て見ぬフリをしているだけ………このつづきはこちら




posted by R (あーる) at 04:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

今日の詩は「ウィンド シンドローム」

20090718_848780.jpg

tarotカードには、火、水、風、土、と
宇宙の4つののエレメントが描かれている。
私はその中の、風のエレメントが一番好きだ。
好きというか、親近感を覚える。

風は「剣」の絵柄で表されて
カードの意味もその絵のとおり、
情もなくいろいろなものをちょん切ってしまうわけだけれど、
その非情さと不器用さがいとしいかんじ。

それで「風」の詩をつくったみたいなのだが、
作った瞬間を自分で覚えていない。
次の日に起きたら、机の上に汚い字で書いたこの詩があって、
「お、お〜〜(すばらしいからの溜め息ではありません)、
きのうの自分はこのような詩を書いたのか〜」
と、その記憶のなさに愕然としました。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「ウィンド シンドローム」

20090718_848780.jpg

みんなで丸くなって
小さくなって
そこに隠れて
待っていた
誰かが来るのを
そして
窓から風やってきて
私たちを一人残らずさらったの
鳥に食われた子供もいたし
風に逆らって地面に落ちた女の子もいた………このつづきはこちら





posted by R (あーる) at 00:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセス解析タイ・バンコク情報