2017年11月09日

くまさんの私を見る目

うちのくまさん.jpg

この間、うちのくまさんのことを書いたけど、
そのくまさんはわたしの寝ている枕元に
いつもど〜んと座っている。

眠る時は、
必ず私を見下ろして見守ってくれるように
頭のそばに寄せて一緒に寝る。

このくまさんは昔、
父が買った福袋に入っていて、
わたしが中学生くらいのときから
ずーっと家にいたはずなのだけど
実家にいた時には、くまさんの存在をあまりあまり覚えてない。


母が亡くなってから、
母の部屋の椅子の上に座っているくまさんを見つけた。
こんなところにあのくまさんがいたのか!と思い
(いままでほんとにずっと家にいたんだっけ?とも思った)
ひとりぼっちで健気に座っているくまさんを
連れて帰ってきたのだった。


くまさんはあまりにも白くてふわふわでかわいくて、
「くまさん、なんでそんなにかわいいの?」
とか、「くまさん、ほんとにかわいいね」
とか、「きょうも見守っててね!」とか
「おやすみ!朝起こしてね!」
とか、本気で人に話すかのように話しかけてしまう。
なぜ実家で暮らしていたときに
このくまさんを無視していられたのか
本当に不思議だ!


(しかし、連れて帰ってきたときは、
かわいすぎて見るたびに
胸がきゅ〜〜〜っとするくらいだったのに
この頃はそれほどでもないことが
さびしいとも思う。)


:::::::::::::::


そんなくまさんと一緒に寝ている毎日なのだが、
この間の休みの日に、起きようと思った時間に起きれなくて、
朝(というより昼間)、ちょっと落ち込んだ。

ただでさえ遅く起きたのならばパッと起きればよいものを
ベッドの上に座ってしばらくグダグダと落ち込んでいた。
そして、転がっていたくまさんを引っ張って、
どうして起こしてくれなかったの?!
とくまさんを責めたり、
こんな人間失格なわたしをどう思う?ダメだよね。
とか聞いたりもした。

うちのくまさん.jpg

しかし、くまさんは、
わたしがいくら寝坊でダメだろうと、
わたしが元気で絶好調なときに対するのと
全く変わらない目で
こっちを見つめてくるのだった。

その時、何かピカリと閃くものがあった🌟


くまさんはいつもと同じ目でわたしを見ているのだから、
わたしがダメだと思っているのは
勝手に自分の中でつくりあげた
どうでもいいことなんじゃないか?

べつに普通(の落ち込まない精神)に戻ればいいんじゃないか?
くまさんは私を変わらない目で見てくれているんだから。



言葉にするならば
そんなようなことを思ったのだと思う。


くまさんは、
私が思い込みで
自分を勝手にミジメにさせていることを
教えてくれたのだと思う。


そういえばYou tubeで見たジャスティン・ビーバーも言っていた。
良い行いをしたら神様が愛してくれるなんておかしいよ、
どんな自分だって神様はいつも愛してくれる、
って。


くまさんはわたしがいくらダメな人間であろうとなかろうと
まったく変わらない目でわたしを見ててくれる。
ならば人間界ではダメな自分であっても落ち込む必要はないのか。
良い、悪いなんてくまさんには関係ないし、
きっとわたしにも関係ないんだろう。
失敗したってズルズル無意味に引きずらずに、
いい気持ちでいることのほうがずっと重要なんだな!
というようなことを思ったのだった。


タロットもいつもみんなにこういうこと言ってるけど、
ほんと、こういうことだね!と感じた一瞬。


::::::::::::::
そういえば、YouTubeで見たanother skyに出演した坂上忍が、
すごくすてきなことを言っていた。

「状況が変わる」って言うのは、自分を見る人の目が変わるっていうことだと思う、だけど、人がどんな目で見ようと、自分は自分が昔から信じていることを信じてやっていけばいい、
って。



posted by R (あーる) at 06:43| Comment(0) | スピリチュアル&ヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

からだとわたし

ひとのからだ (フレーベル館の図鑑ナチュラ)


お風呂から上がって、足にクリームを塗っている時、
突然、ふと
自分の体が借り物 (入れ物)なんだと
奇妙なんだけど、とてもリアルに感じた。

今までなぜこれを
実感としてこんなにハッキリと
感じられなかったのかわからないが、
はじめて
自分と、自分の体は違うものだ
ということをありありと感じた。

試しに、
このクリームを塗っている足はわたしの体か?
と自分に質問してみたら、
明らかに違う、
と思った。

この体の中に入っているだけなんだ!
と思うと、
この体、よく動いているなと思い、
寝転がって足をバタバタさせてみた。

この体に入っているだけなら、
人生に感じる重荷なんて
感じる必要ないんじゃないかな。
いつもタロットが言っているように。

それから、
まわりを見渡してみたとき、
この身体をかりて遊んでいるわけだから、
自分の部屋をもっと自分の好きなように
したらいいんじゃないかと思った。
何かに耐えているかのように、
不気味にストイックに散らかっているから。

そして、いろいろと考えなくてはいけないことがあるからと、
ストイックにおしゃれなんてしてなかったけど、
もっと、足にも手にも真っ赤にマニキュアとか塗って、
この体を飾って楽しんだらいいのに、
と思ったのだった。

この身体が私じゃないならば、
わたしは何も怖くないだろう
とも思った。


この感覚はいつまで続くだろうか。


posted by R (あーる) at 19:08| Comment(0) | スピリチュアル&ヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

レイキマスターたちとのお茶会

聖なる癒し―高次元存在との“共同創造”による21世紀のヒーリング (Ten books)
ミッシェル・スモール ライト
コスモテン
売り上げランキング: 261,795


今日は、身体の調子が悪い時にいつもお世話になっているエナジーアートでお茶会があるということで、レイキのことは全く無知な私ですが、参加させてもらいました。なぜかといえば、このエナジーアートの小林先生にお会いするといつも楽しい気持ちがわきあがるから、きっとお茶会も楽しいにちがいないと思って(´∀`*)!


しかしお茶会では、私以外のみなさまはレイキティーチャーの資格を持っておられる達人の方々ばかり…。
そんな中、小林先生がたった一人のド素人の私のために、インターネットでREIKI1のアチューンメントできるやつをダウンロードしてくださり、
これってほんとに不思議なんだけど、ただ名前を書いてダウンロードするだけでレイキが使えるようになるんだって!

「どう?僕の手はもうじんじんしてきたけど」と先生に尋ねられ、「え〜!」と焦りましたがしばらくしたら本当に手の平がじんじんしてきて、お茶などに手をかざしてみると確かに自分の手から何か出ている感じがはっきりわかるようになりました。

なんでこんなことが起こるんですか?と聞いてみると、このソフト作った人がそのソフトに気を入れたからなのだそうです。なるほどひらめき

私一人が素人なせいですごい時間を喰ってしまっていて大変申し訳なかったですが、マスターのみなさんは楽しげにおしゃべりしながら待っていてくださってありがたかった…。

みんなで輪になって、手をかざしあって気をまわしてみたりしたのもおもしろかったです。
(今日は初心者(私)にみんながレイキを紹介してくれたお茶会だったと思う。私のせいで…モバQ


:::::::::::::::::::::::
レイキ 宇宙に満ちるエネルギー
土居 裕
元就出版社
売り上げランキング: 119,674



そして最後に、今日、来るはずだったのに風邪を引いてしまって来られなかったというYちゃんという人にみんなで遠隔ヒーリングをしよう!ということになりました。

うお〜!魔法っぽくておもしろい!と思ったけど、私は遠隔レイキヒーリングのやり方を知らないのだった。
先生が説明してくれようとぬぐるみをつかんだとき、
そうだ!と思いついたことがありました。

「私はレイキの遠隔ヒーリングはできないのですが、MAPコーニングを開くやり方でだったらできるので、私はそれでやっててもいいですか?」
と聞いたら、
先生はじめみなさんが興味を持ってくれて、
先生が「じゃあ、今日はそれでみんなでヒーリングしようか」
といって、なぜかわたしがYちゃんのMAPを開く言葉を言う係になってしまいました(大汗)。

これは、非常に簡単で(以下、それを呼び出したときの台詞)、

「これからYちゃんのヒーリングのためにMAPコーニングを開きます。
そのために次の存在を呼びたいと思います。」

「超越光体である癒しのディーバ、お願いします」

(存在が来たことを実感してから)

「パン、お願いします」

(存在が来たことを実感してから((以下同様))

「ホワイトブラザーフッド医療チーム、お願いします」
(私はうっかり「ホワイトブラザーフッド医療チーム」のことを「ブラザーフッド…」と言ってしまったのですが、小林先生がちゃんと「ホワイトブラザーフッド医療チーム」と呼び直してくれて助かりました!)

「Yちゃんのハイヤーセルフ、お願いします」


と言って、心の中でYちゃんのヒーリングをお願いすれば良いだけ。

(※1時間くらい経って治療が終わったら、各存在にお礼を言って、開いたMAPを閉じなくてはいけない。)

これは、図書館で昔かりた「聖なる癒し」という本に載っていたものですが、⇩
聖なる癒し―高次元存在との“共同創造”による21世紀のヒーリング (Ten books)
ミッシェル・スモール ライト
コスモテン
売り上げランキング: 261,795
 

数年前に、初めてまじめにこれを1人でやってみたときは本当にビックリしました。
半信半疑でやったのに、身体がガクガクすごい勢いで振動して、それがいろんな箇所にうつって、本当に身体がスキャンされて修理されてる!的な感覚がはっきりくっきりとあったからです。
おもしろいから毎晩寝る時にやっていて、1週間くらいはかなりガタガタと大きく身体が動いていましたが、その後はあんまり動かなくなりました。
これって、大きな修理が終わったってことなのね、と思った記憶があります。
このやり方で疲れてる人の肩に手を当てたりするだけでも、相手が敏感な人ならすぐに「なにこれ?」と気づいてくれるくらいパワフル!


「気」の体感に疎い私にでさえこんなにくるのですから、気のマスター達ならすごくこれが敏感にわかるのではないかと思いました。

そうしたら案の定、癒しのディーバを呼んだ時点で、「あ、来たね、すぐにドン、と降りてきたね」
と先生やみなさんがすぐに言って、私も同じように感じました。
ひとつひとつの存在を呼び上げてから、来た実感を待って、それから次の存在を呼び出すわけですが、
一人でやっているときはもっと存在を感じるまでに時間がかかったし、こんなに派手な感じの登場ぷりではなかったです。
でも、レイキのマスターたちがたくさんいる空間だと、こんなにも存在の登場がはっきり私にもわかるのか!と思い、それがすごく新鮮でした。


それから、レイキのマスターたちが、せっかくレイキの会だというのに一緒にコーニングMAP使ってくれたこともうれしかった。

子供のとき、友達と遊んでいたときの気持ちを思い出しました。
純粋な好奇心と、ただ単におもしろいことに夢中になっているあの感じ。
今日もそのときみたいに楽しかった ドコモポイント




:::::::::::::::::::::::

片野氏の研究をTwitterで拝見しておもしろいな〜!と興味を持ちました。これをマネして身体の痛いところにオパンヤ(BFの描いてる4コママンガのキャラクター)を描いたら、痛さが軽減した気がした不思議。





posted by R (あーる) at 02:14| Comment(4) | スピリチュアル&ヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

hanaさん占星術でわかった自分のトライアングル




先日、占星術家のhanaさんが遊びに来てくれたとき、
占星術のセッションをしてくれました!


去年、Ammaが来日した際に会場でやっていた
インド占星術を受けたことがあります。

そのときに、私の生まれた時間は15:00(母子手帳にそう書いてあると聞いたから)ちょうどだと申告したにもかかわらず、渡された紙には15:10と書かれていたので、hanaさんにはそのことも伝えておきました。

そしたらhanaさんは「15:10節もあながち間違いではないのでは…」と言っていて、いろいろ質問してくれて、その結果15:10の方が合っているようでした。

「もしRさんが15:00生まれだとしたら、もっと見た目からして年相応な…ちゃんとした…保守的な格好(OLさんのような)を好むはずなんです」って。自分でも絶対違うと思った。

:::::::::::::::::::::::::



生まれたときの星の配置が自分の一生を左右するなんて、おもしろいなあ!と思った。

Ammaのときの占星術は、通訳が途中に入ることもあってめっちゃアバウトな感じだったけど、
今回はすごく密!な感じでいろいろ教えてもらいました。

これがこの中にはいると、こういう期間になる、とか表を見ながら、本当に専門的にhanaさんは細かく教えてくれたんだけど難しくて星のことは覚えていられなかった。

でも、大事な内容は覚えているので忘れないように書いておこう。


:::::::::::::::::::::::::

まず、私は今、勉強期に入っているので
好奇心がいろいろなことに向いて
なんでも勉強したくなるということ。
だからフランス語を勉強することになったんだ!

海外から情報が入って来たり、
海外とつながりやすくもなっているので、
できるなら今年海外旅行に行っておくといいみたい。
海外運ていうの?

「行かなくてもいいですか?」
「行けるなら行っておいたほうがいいですよ。だって、普段の何倍も楽しめる可能性が高いんですよ!」

って。そういうことなのか〜。
だったら無理してでも行くべきじゃない?!

それから、その後2年くらいは
一日中家にいたいひきこもり気分が高まるみたい。
ひきこもらせていていいって。

スピリチュアル運が高まるらしいので、
瞑想とかしておくといいって。
何か普段では超えられない一線を
超えられるかもしれないふうらしい!
じゃあ、瞑想しっかりやっておかないと。


:::::::::::::::::::::::



私の場合、ひきこもって一人でいたい月と、
社会的にみんなとコミュニケーションをとったり
働いたりしたい星(?)と、
それから、芸術の中にひとり酔いしれる五感の星(?)
のトライアングルでバランスをとっているみたい。

これって、本当にそう。
自分の中での矛盾だといつも思っていたけど
これは星の影響だったんだね。
みんなとワイワイ楽しくしたい気分と、
疲れるから一人で静かにしていたいのと、
それから、それだけじゃなくて
なにかクリエイトしていないと落ち着かないのが
常に自分の中で同居していた理由が判明して
何かスッキリとしましたね。

「一人で引きこもっていたいのを他の2つ(の星?)が「役立たず」のように責めるんんですよ。だからこんなことしてちゃダメだって気分になるんだけど、今は仕事とかよりもこっちを優先しておいていいんです」

それはなぜかといいえば
すごく吸収できる時だからなのだそうだ。


:::::::::::::::::::::::

それから、お金運がとってもあって
ず〜っと困らないらしい。ひらめき
自分が稼ぐことすらしなくていいくらい。
人からもらったりすらできるくらいって。
お金儲け運もとびきりあるなんて
うれしいことを言ってもらいました。

「持って生まれたものを良く使うためにもっと欲を出した方がいいですよ」
って言ってくれたけど、
欲は自分ではちゃんとあると思うんですよね。
ただ、そこまでのガッツがない、
って書いて今わかったんだけど、
欲っていうのはガッツのことかもしれないな。
だとしたら私は欲を一生持てそうもない…。


「でもねえ、このひきこもりが好きな月が、お金を得ることに罪悪感を持ちゃうんです」

それ、わかる!
いや、お金を持つことに罪悪感をもったことはないけれど
引きこもりたい精神が
お金の入りを邪魔していることがわかる。

だからお金がザクザク入ってきそうになったとき
「疲れたからぜんぶやめた!」って
やめて引きこもってしまっていたんだな〜。
これ、今でも後悔していることが過去にあるんだけど、
でも戻ってやり直しても同じ選択しそう。

「頑固と同じくらい柔」
っていうことも教えてもらったけど、
どこが頑固か自分でもわかっている。

自分の自由を確保するためなら
お金を犠牲にしたとしても
全くかまわないってところ。
これだけはぜったいに譲れない一点。

:::::::::::::::::::::::


それから、2、3年後くらいからは、
限定された人々と深くつきあうことになるらしい。
浅く広くの私の性質からいうと
これはめずらしいことなのだそうだ。

でも
ひきこもり好きの月が疲れてしまうから
隙間を見つけて一人になれるようにした方がいいみたい。
で、私生活で他人と深くというのは
私には疲れてしまうから、
できれば仕事の中でそれをした方がいいそう。

で、引きこもりの月の思惑からはずれて
コンスタントに何か
なかなか引きこもれない感じで
仕事をしなくちゃいけないみたい。


55歳くらいからは作品づくりをしたらいいそうだ。
今まで評価されなかったことが評価されやすくなるって。

55歳からかあ。。


:::::::::::::::::::::::



トータルでは、金運の良さにまつわる
社会の中でみんなとコミュニケーションとりながら働きたい感じ、
一人になる時間がないとだめなこと、
それから芸術に酔いしれる五感を持っていること
を教えてもらいました。

そしてその3つのバランスを上手く保つことが
私に必要なことなんだということがわかった。

この3つが自分の中にあることは矛盾じゃないんだ。

それを知ったことは自分にとってすごく大きなことでした。
これからどう自分を運転していけばいいのか
説明書がある感じで原理がわかったというかね。

:::::::::::::::::::::::

星占いって初めて受けましたけれど、
こんなふうなことがわかるとは思ってなかった。

いや、こんなふうなことがわかるだろうとは
思っていたけれど、そのニュアンスが違うっていうか。

自分の基盤が
こんなふうに理解しやすくなるとは
思っていなかったんです。

それは占星術師にもよるのかもしれませんが、
私の場合はhanaさんのようなすばらしいproに
やってもらえてラッキーでした。
hanaさん、どうもありがとうございます!!

せっかくhanaさんは
「この星座がここにいるときには…」っていうのを
ものすごく詳しく教えてくれたのに、
大雑把なことしか書けなかったのが残念です・・・。


それから、星の配列バランスがいい感じなおかげで
えぐれるような大変な時がないふうなことを
教えてもらい、それがとっても安心しました。

なんか、いいことばっかり言っていただいて
ほんとに安心しましたよね。
安心できたんだからもっと冒険していこうって思った。ドコモポイントパンチ

ほんとにありがとうhanaさん揺れるハート

ひらめきhanaさんの鑑定について詳細をお知りになりたい方は、
こちらのhanaさんのアドレスにメールをどうぞリボン

kanteinohoshi■gmail.com (■をアットマークに変えてねドコモポイント


ラベル:占星術
posted by R (あーる) at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル&ヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

スワミジとマハーバーラタ

原典訳マハーバーラタ〈1〉第1巻(1‐138章) (ちくま学芸文庫)

一昨年の春にAmmaの瞑想講座
みっちり瞑想のやり方を教えてもらってから、
瞑想は日課となり
上手くできているのかどうかは別として
毎日やっている。

でも、1年以上も経つと、
なんとなく教えてもらったばかりのときの
フレッシュな気持ちは薄れてきて、
惰性でやっているような気がしないでもない、、、
という日がたまにあったりする。


::::::::::::::::

そんなときに、
AMMA JPANからのメールマガジンで
「アンマのもとで約30年修行されている高弟であるスワミジが来日!」
とのお知らせが。
そのスワミジの講演を聞きに行った。


するとまた
瞑想を教えてもらったときのような
フレッシュな気持ちがよみがえって来て、
日常に感情がどっぷり入ってしまいそうなとき、
這い上がることができるようになってきた。

で、その数日後、
マハーバーラタ』という
インドでは有名な
あらゆることの根本経典のような本を
スワミジがわかりやすく解説してくれる講座があるという!

もう1回目は逃してしまったけど、2回目に参加した。

詳しくはAMMAの公式サイトをご覧ください。


::::::::::::::::::::

マハーバーラタ戦記―賢者は呪い、神の子は戦う

この日は、
たぶん、数十時間はあるだろう作品を
スワミジご自身が編集してくれたらしい
テレビドラマを見せてもらった!

数十時間のものを1時間半に短くするとなると
ヌーベルバーグなんて目じゃないくらいの
驚くような斬新なカット割りになったりしていて
それだけでもう興味深い芸術なのだった。


::::::::::::::::


超ハイスピードで物語がどんどん進行して行く中、
あまりの登場人物の多さに
「あれ?この人だれだっけ?」と
画面の中のイケメン男性に謎を感じた瞬間、
ふっと眠りに落ちてしまった。猫

でも、目が覚めたときには、
私が知らないだれかが
ちょうど死んでしまうシーンで、
知っている登場人物たちの物語に戻り
いい具合にドコモポイント



::::::::::::::::::::

Mahabharat [VHS] [Import]

このような高尚な雰囲気の講習会で、
ハイパーな昼メロのようなドラマを
見せてもらうなんて
最初はすごく意外に感じたけど、
最後まで見ると合点がいった。


先を心配して策を練り動けば動くほど、
人は悪いカルマを作っていくんだな。

そしてその結果、最後には自分も、
そして何百人ものひとさえ巻き込んで
苦しめてしまうという教えだった。

それが、目に焼き付けられるドラマなのだった!


::::::::::::::::::::


インド神話―マハーバーラタの神々 (ちくま学芸文庫)

スワミジに教えてもらったことで
印象的だったのは、
人は他人の欠点ばかりみるけれど、
でも、この作者(のことを言っていたと思う。たぶん?)は
たくさんの悪魔を自分の中にみて、
すべてのこの物語の登場人物を自分の中に見た ー
私たちのそれぞれのキャラクターも、
そういういろいろなもののミックスなんだ
ってこと。

それを聞いたとき、
ぐん!と自分の中から
自分の魂が遠くに抜き出て、
そして次の瞬間に
また戻った錯覚に陥るような
そんな感じがした。



::::::::::::::::::::

それから、このドラマを見ているとき、
本当の自分たちの問題ではないから
私たちの心がそんなに動かなかっただろうって。
だから、自分の日常の問題に対しても、
それくらいの引きで見る事ができれば
正しい対処の方法がわかり、
むしろその問題を楽しむことができるみたい。

::::::::::::::::::::

スワミジは、あらゆることは
心配しないでいいって
前も言っていた。

タロットもいつもみんなにそう言っている。

きっとそれが宇宙の法則なんだな!

それをあらためて確信できて
心からよかったと思う。




posted by R (あーる) at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル&ヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

ロマンチックで女の子なヘミシンクCD

        

先日、お客様のhanaさんが
多摩センターに来てくれたとき、
このCDをプレゼントしてくれて
(hanaさん、どうもありがとうございます!)
それ以来、夜眠る前にこれを聴くのが
最高に楽しみ。

「他のヘミシンクのCDとちょっと違って
女子っぽくていいんですよ〜。」
と言っていたので、
「女子っぽいってどんなふうにですか?」
って思って聞いたけど
hanaさんは聞けばわかります
ってニコニコして
教えてくれなかった。

:::::::::::::::


さっそくその夜は
いつも聞いている
おじさんの声の渋いヘミシンクのCDと
入れ替えてこのチャクラ瞑想をセット。

ナレーションは透き通った女の人の声で
たしかにhanaさんの言っていたとおり、
ほんとに女の子のためのCD!と思った。


昔大好きだったファッション雑誌
Oliveを彷彿させるような
ロマンチックで
女の子にだけしかわからない
大事なセンスを守っているというか、

olive特別編集 オリーブ少女の雑貨感覚。

なんか秘密の場所に入って行くようで
繊細な感じがすごくいいんだよな〜〜。

いつも途中で寝てしまうので
最後までまだ聞いたことがないんだけど
でもとても大好き。



:::::::::::::::

ヘミシンクシリーズでも
こんな雰囲気のがあるんだなと思って、
基本のやつ以外にも
他のいろいろなCDを聞いてみたくなりました。

hanaさん本当にどうもありがとうございました!
さすがhanaさんのセンス最高です!





:::::::::::::::
これを聞いてみたいですね!


こんなヘッドフォンを発見!!ヘミシンクで有名なあの坂本さんが使っているものらしい。これを使えば一気にすごい体験ができそうな気がするのは気のせい、、なのはわかってるけどなんかほしいな…。



こんなボックスも発見。ヘミシンクも有名になってきたんだな。
ラベル:ヘミシンク 瞑想
posted by R (あーる) at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル&ヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

ヘミシンク記録メモ#4 体外離脱再び




ヘミシンクを聞き続けて2年以上が経ったと思います。
毎晩聞いているけれど、でも、それはヘッドフォンをつけて流して寝てるだけ…。
冒頭の5分くらいで眠ってしまうため、ほとんど睡眠薬のようにしか使われていない状態…。

2009年の7月31日に、体外離脱が起きて以来、ほとんど体験というようなものはなく、しかし最近、ヘミシンクを聞いている最中に突然目がさめて、ものすごく色の鮮やかなおかしな映像を見せられることがありました。

::::::::::::::::::::


ヘミシンクでは、まずはじめに、
位置情報エネルギー変換ボックスというのを自分のイメージで作り、そこに雑念を入れて、
位置情報その後、レゾナントチューニング(う〜とかあ〜とか出した声を体に通してチューニングする)をして、
位置情報それから、非物質界を体験したいというアファーメーションを必ず行います。

そのエネルギー変換ボックスのところで、ボックスに雑念を入れるというイメージがどうしてもできなかったので、私は、女の人たち(どこからか現れる2人組。)に頭から水をどぼどぼかけてもらって、それで雑念を洗い流すというのをやっていました。

その日は、その水が緑。私の体から出て行った雑念まじりの液体はスライムみたいにドロリとしていて、この水をどうやって女の人たちが箱に入れて持っていってくれるのかな〜と思っていたら(ここまでは、頭の中でむりやり作っているイメージ)、
突然、バン!とインパクトのある映像が現れて、私のチェストのあたりにその緑の液体が流れていたのですが、それがどんどん蒸発…というよりも、縮んでいって、恐ろしい勢いでなくなっていくという…。

ちなみにチェストの上には、バービーとかいろんなものが実験材料みたいに感覚をあけて一面に並んでいるおかしな映像でした。
え!と思ったら、すぐに見えなくなった。

こんなことが、最近ヘミシンクを聞いているとよくあって、なんか、起こりそうな気がしてはいました。


::::::::::::::::::::::::::

昨夜(というか今朝)は、ヘミシンクの基本CDの4の中に入っているフリーフローを聞いていました。
冒頭のナレーションすら入る前の、波の音のあたりですぐに寝てしまって、エネルギー変換ボックスも、レゾナントチューニングも、アファーメーションも、それから、フォーカス10というところまで行くのをイメージすることすらもしていません。

で、グーグー寝ていたら、またハッと目がさめて(とはいえ、目を実際あけたわけではなく、意識が眠りから覚めた状態)、なぜそうなったかといえば、自分の体におかしな重力がかかったみたいに変なエネルギーに巻かれているのを感じたから。

それは、金縛りに合う直前の感じと似ています。もや〜っと密度の濃いエネルギーに巻かれる感じ。イメージは、炎の淵って、景色がおかしな感じで揺らめいていますよね?あれに近いです。で、ほんとに自分の周りがオレンジになっている気がした。

そうしたら、自分の身体からフワッと浮き上がってそのまま上に浮き上がっていきました。前は、この身体から出るまでがもっと苦労した感じがあったので、今回は結構簡単に出れたなと思った!

初めてのヘミシンクでの体外離脱の日記…
ヘミシンク記録メモ#3


::::::::::::::::::::::::::


で、そのままの形でふらふらと危うげに部屋の中をとび、この間、怖いとかドキドキとかあまり自分の意識のモードを動かさないように努力してました。
意識が変わったら床に落ちてしまいそうで怖かったからです。
だから、上向きで寝た状態のまま、低空飛行みたいな感じでちょっとだけ動いて、また身体の中に静かに戻りました。それは自分が意識したわけでもなく勝手に戻ってしまった。
身体の中に戻るときは、最後のところでストン!と入った感じが確かにありました。


::::::::::::::::::::::::::

その後、ヘミシンクCDの中のプオン、と音で印をつけている音を聞いていたら、また身体がブルブルおかしなエネルギーに取り巻かれてきた感じがあって、また体外離脱しました。今度は、身体から少し浮き上がったと思った瞬間に、すごい勢いで頭上のスピーカーの方に引っ張られていって、また前回みたいにスピーカーの中に入れるのかなあと思っていたら、そのまま壁を抜けて廊下に出ました!

おお〜!と静かに感動!
だって、前は壁を抜けられなかったんですから。
そしてふらふらキッチンの方に行き、BFが遅刻してぷりぷりしながらカーテンを開けている後ろ姿の近くに行きました。(でも、これはリアルじゃない。彼はもう仕事に行っていたはず。)彼のリュックの紐をつかもうとしたけど、できなくて、また廊下の方に背泳ぎみたいな状態でゆらゆら流されていった。

::::::::::::::::::::::::::


で、玄関の扉のところまで行ったとき、外に出てみようかと思いました。
頭を下向きにすると現実を感じてできないけど、どうやら背泳ぎみたいに頭を上向きにして頭から出て行くならできるみたいなんです。
やってみたら成功しました。
だけど外はあまりにも明るくて、この中で現実を感じないで飛び回るのは不可能な気がして、4階だし、怪我したら困ると思って身体に戻りました。

その後、ヘミシンクのCDが終わるまで、ちょっと出ては戻るを繰りかえして、これって逆上がりができるようになったときみたい!と思った。

そうそう、そういえば最近あきらめない!ヘミシンク
という本を読んだばかりだったんです。


この本には、ヘミシンクで体験できるようになるには受け身ではなく努力が必要で、積極的なイメージ力が大切だっていうようなことが書いてありました。そして、それができるようになるのはまさに逆上がりができるようになるみたいにコツをつかむことだって。

今回の体験はまさに逆上がりの練習的な感じがありました。
身体から抜けるのも前みたいに大変な感じじゃなくなったし、時間も長かった。

::::::::::::::::::::::::::

CDが終わったとき、「一度コツをつかめば…」と、あきらめない!ヘミシンクのことを思い出し、もう一度CDをかけて、今度はもっと意識的に体験してみよう!とトライしました。

しかし、あまりにも気合いをいれすぎて興奮していたせいか、あのむわ〜んとした怪しいエネルギーはまったくやってこなくて、しらないうちに爆睡。
気づいたらすごい長時間睡眠をとってしまっていて背中がばりばりに痛くなっていた。

ヘミシンクのためだけにわざわざベッドに入るのはやめようと思いました…。私の場合、眠れないときとか、寝るときのついででちょうどいいのかもしれません…。


::::::::::::::::::::::::::

あきらめない!ヘミシンク
芝根 秀和
ハート出版
売り上げランキング: 124433


今回、こうしておもしろい体験ができたのは、この本からの影響が大きいと思います。ヘミシンクで誰でも体験ができるんだってことを信じさせてくれた本。ヘミシンクに壁を感じている方はぜひ読んでみてください。それから、1年間やや真面目に瞑想を続けていたのも役にたったと思った。芝根 秀和 さんの本にも、瞑想とかヨガとか併用するといいって書いてあったし。瞑想をしていたおかげであっちの世界とこっちの世界の境界線が前よりも薄くなったんだと思います。


::::::::::::::::::::::::::

しかし、ただ単に身体から抜ける程度までの体験だと、単なる不思議体験をした!ということだけで精神性の成長とはまるで関係がないんですよね。もっと他の人が体験したみたいに宇宙の不思議を体感できないと意味がないんじゃないかな〜というジレンマはあります。でも、とりあえずは楽しくて、おどろきで、可能性を感じて、うれしかったな!

::::::::::::::::::::::::::


思い通りに「夢」を見る方法があった!


ラベル:ヘミシンク
posted by R (あーる) at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル&ヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセス解析タイ・バンコク情報