2017年07月03日

ホストのドキュメンタリーにハマった日々



Netflixで夢中になっているドラマを見終えてしまった後は、
他の何を見てもおもしろくないと感じてしまう。
それならYOU TUBEを見た方がマシな気がして
世界ウルルンの太極拳の回を見た。

おもしろかった!
太極拳を作った人(今は2代目か3代目)から直接教えてもらえるなんてとんでもなくすごすぎる!短期間で、2ヶ月やっている自分より上手くなっているタレントさんを見て、練習魂に火がついた。


 ➰ ➰ ➰



それから、横のバーにおすすめに出ていた片岡鶴太郎さんの
家を出るまでに6時間かかる修行風景を見た。
これまた面白かった。大変そうだが、でもそれでご本人が清々しい1日を送っているならばとてもいいことだと思う。



 ➰ ➰ ➰


それからさらに、横のバーに出ていた(ドキュメンタリーつながり??)ホストのドキュメンタリーがおもしろそうだと思って見ることにした。それが、おどろくほどに興味深くてやめられなくなり、数日もかけてホストのドキュメンタリーをほとんど見た。

何が面白いって、ホストたちが現金をすごい勢いで動かしていること。ゲームのように!そう、バスケットボールの試合とか、サッカーの試合を見るのと似ている。ホストクラブ行ってみたい、という客側の方向ではなく、もし自分が10代か20代の男だったら、絶対にホストになりたかった!と思った。それは、サッカー選手になりたいと憧れることに近い。


 ➰ ➰ ➰


私が見たのは、2005年くらいの時代のやつらしい。
今は、ネオホストとかいうのがnewだそうで、飲まないし、あの昔のヴィジュアル系ロッカーみたいな髪型やヘアセットもパシッとしてなくて、スーツも着ていないんだって。そういうホストのやつもちらっと見たけど、あまりおもしろくなかった。あのドキドキハラハラするようなゲームのテンションがなかった。

やはり、あの、THE ホストでないと!
(時代劇の扮装ぐらいのテンションを感じるやつ)


  ➰ ➰ ➰


ホストクラブのこと全然無知だったかったから、まずびっくりしたのは、お客さんにボトルを入れさせるそのダイレクトなやり方(しかし、慣れるとむしろそのほうが爽快に見えてもくる)。

イメージとしては、同伴とかしてそのときにすごい高いものを買ってもらったり、お小遣いもらったりするのかなという感じだったけど、そんなの昔の話なんですね。

女性たちは「この店のナンバーワンになれるよう応援してあげるね」ということでボトルを入れてくれるらしい。そして、それの半分くらいのお金がホストに行くみたい。

これがお店でのランクにもつながるから、ホストたちは影でお金なんか渡されても、もう腐るほど持っているだろうからいらないだろうし、それより店で使って自分をナンバーワンにしてくれと思うんだろうな、と思った。

メニュー見てホストが、「これくらい、いい?」とか「今日、締め日だから頼むね(自分のランクに関わるから)」とか言って、お客さんが「うん」と言ったら60万とか100万とかのボトルを入れちゃうの。そんな雑な頼み方でなぜおっけーかよくわからなかったけど、ここではとりあえず、それでいいのだと思った。




そして、ボトルが入ったときのシャンパンコールが、、、
最初は「ありえない!」と思ったけど、なかなかおもしろくてだんだん好きになってきた。シャンパンコールをするためにホストたちが集まってくると、森の動物たちの祭りみたいでゆかいでかわいくておかしい。
もうひとつ驚愕したのは、その入れてもらったお酒をホストがボトルごとごくごく一気飲みしたりすること!お客さんには?!!とびっくりしたけど、言うなれば、お客さんからのご祝儀(?)みたいなものなんだなと理解した。

お金がこのようにお互いのダイレクトな欲求によってきれいに動く様を見るは圧巻。



  ➰ ➰ ➰


ついでに、ホストに大金をつぎ込んでいる女の子のドキュメンタリーも見た。

レポーターが、お父さん(パパではなく本物の)が働いたお金をそうやってドブに捨てるように使っていいのか、今後のことを考えているのか、と、なじるようにしつこく聞いていた。

女の子は、「今後のことは考えない、考えてたら、こんなこと(1日で何百万もホストに使うこと)できないよ」というようなことを言っていて、同感した。爽やかな意見だと思った。
そして、お金を使うのは、お父さんが若い愛人がいることを罪悪感に思って、それを消すためか自分に使ってほしいと思ってくれているお金だから自分は使うのであって、いまのように使っていることを決して後悔しないと思っているから使っているのだ、と言っていた。

レポーターはまだ文句言いたいようだったけど、女の子の言っていることのほうが、まともに感じた。絶対後悔しないならまったく問題ないじゃないかと思う。



 ➰ ➰ ➰


女の子の恋心のようなものを利用する悪いホストもいるのかもしれないが、このドキュメンタリーを見る限りでは、女の子たちは、なぜかこの人たちにお金を大量に使いたくて、応援のために使ってあげて、そして、ホストたちは、祭りのように能天気に明るいハイテンションのコールで、女の子の威勢と、お金と、それを引き出したホストと、その瞬間を祝って、そのお金をどんどんとお酒できれいに浄化しているように見えた。

そこが意外でおもしろかった。
(あくまで、番組をみただけの感想です。)




➰ ➰ ➰


大阪cub aquaの楓十座さんと、
東京のRomanceというクラブの陽生さんという人の一騎打ち対決が特に燃えた。

【東西ホスト売り上げ対決】(45分目くらいから〜)



印象的だったのは、
余裕しゃくしゃくだった小生意気な陽生が
負けそうになったことに気づき、突然、ふらっと立ち上がり、自分がホストグランプリでもらったチャンピオンベルトが飾ってある硝子棚のところへ行くシーン。

そしてガラスに顔をくっつけて眺めて、
「これって、こんなきれいだったっけ…」と言うの✨
こんな漫画みたいなすてきなリアクションするなんて。

人間って窮地におちいると不思議なアクションをする。
posted by R (あーる) at 03:57| Comment(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アクセス解析タイ・バンコク情報