2017年06月28日

なぜblogは書きづらいのか


前にTAIJIのことをここに書いたときに知り合った
BUGGY. emiさんのblogMy First Small Song's
読んでいたら、こんな一文を発見し共感💡
     ⤵
"Facebookだとサラサラサラ〜っと書けるのに、ブログだと何故か構えてしまい、自分らしくない変な感じの文章書いてるみたいで本当に恥ずかしい。"

My First Small Song's「うーむ」という記事より引用



たしかに.....!! 
これは本当に最近、自分もよく考えていたことで、
なぜblogから足が遠のいてしまうのか、と。

(今、blogを読む人などいるのだろうか?
という疑問もあるが、
ま、読む人がいようといなかろうと、
自分が楽しくかけるなら構わない。)


TwitterやFacebook、instagram、Tumblrなどなど
たくさんのSNSが出現して、
手が回らなくなったのかもしれない。

でも、自分のを見直すのはblogがやはり一番楽しいと思う。
twitterは気分を書きやすいけど、blogのほうが日記ぽくて。

Facebookは一番振り返ることがない。
システム自体が古臭い感じがするし、
画像を好きなところに入れられないし、
「いいね」機能があるせいで、
息苦しい気持ちになることがあるからだ。
(でも、情報蒐集には、twitterと違って
内容がちょこっと出ているから便利。)

その点、Twitterは本当に気楽でいいね!
Twitterは、寝る前に思ったことを投稿することが多い。
タイムラインを読むことは滅多にないが、
たまに気がむくとおもしろいので掘って読む。
気が向かないときはずーっとほったらかし。

時々、連打でtweetしたくなるが、
"そういうことをするのは迷惑、
ならばblogで記事を書けば良い"、

とどこかで読んだので我慢してる。

でも、連打でtweetするのと、
blog書くのとは全然違うと思う。
そんなこと言う人に憎しみを感じるくらい、違うと思う(笑)。

tweetは一つの流れがなくてもいい。
でも、blogは、、、

と考えてみたところ、

blogを書くのが気が重いのは、
タイトルを書かなくてはいけないからではないかと。

そのせいで散漫なことを書くことが
許されない気持ちになるのかも。

(あと、いちいちログインして((しっぱなしだったとしても))新規投稿のページをひらかなくてはいけないのも面倒。
面倒というよりも、そんな長い階段登る気がしない、という感じで、新規投稿ページに行き着くまえに気が萎えてしまう。)


こうして書いていても、
どこかでこの記事を終えるための
オチを見つけなくてはいけないと思ってる。
…………。


タイトルとかてきとうでいいじゃん。
オチなんかなくても。
だって日記なんだからさ、と開き直って書き続けたい。

(めちゃてきとうな終わりぷり⤴)



ラベル:blog 日記
posted by R (あーる) at 02:49| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アクセス解析タイ・バンコク情報