2017年05月18日

太極拳ラブ



(↑いい本でした。見やすいようにコピーして習ったところを復習してます)

1ヶ月くらい前から太極拳を習っている。

その太極拳教室では、今回初めて超初心者コースというのができたそう。
ラッキーにも、その始まりにぴったりな時に興味を持って入会したのだった。

超初心者コースがあったことは非常によかった!
普通のクラスでベテランの人たちについていくなんて
絶対に無理だと思った!


先生が言うには、
「スポーツジムなんかでも、太極拳あるでしょう?
若い人は "私はまだ若いから太極拳は年取ってからやるものだからいいわ” とか言うけど、
でも、すごい年取ってから始めるなんて太極拳は無理だから!」
と言っていた。


太極拳に興味を持つ以前の私は、
太極拳はやや退屈なイメージ。
ゆったりした動きをそのまま真似すればいいのね、
という感じ。

でも、そんなことじゃなかった、全然!





まだ3つのフォームしか教えてもらっていないが、
一つ一つがとんでもなく複雑で大変なのだった…(初心者の私には)。

つまり、1回のクラスで、
1つのフォームしか覚えられないくらい大変ということ。

形をそのままやればいいと思うかもしれないが、
その形がじつは、やってみるととても複雑で奥が深い。

そこがすっごくおもしろい。

先生も、「できるようになっちゃったら飽きるでしょう? でも、太極拳は、どこまでいってもわからないことがあるから、それが知りたくていつまででも何十年でも続けられるの。
若い時は高く足をあげたりしてやることもできるし、年をとったらそうじゃないやり方もできるし、バリエーションをつけてやれるから」
と言っていた。

私たちに教えてくれているこちらの先生は、
20年も太極拳を極めていらっしゃるのだそう!

大マスターの中国人の先生も、よく、クラスの始まりに顔を出しては、みんなと握手したり、太極拳Tシャツ&パンツをプレゼントしたりしてくれる。
芸能人のようなオーラで、みんなを魅了していく。
その先生に握手してもらうと、体調が良くなるのが不思議。


月刊 秘伝 2017年 03月号


こんなにゆったりした動きしかしていないのに、
なぜ汗がでるのか〜〜。

思うに、普段は動かさないようなやり方で
足を動かすところがポイントなのではないかと。

あと、体内の「気」が動くのだと思う。
それを感じる。こんなに鈍い私でも。

今は、24式というのを習っているけれど、
早く全部きちんとできるようになりたい!


You tubeでも
詳しく説明してくれている日本人制作の映像があって、
型を覚えるのには便利でありがたい。

でも、この教室で先生に教えてもらうと、太極拳の「肝」を感じることができて、
それが何か特別なものに感じる。もっともっと、太極拳の秘密を知りたくなる。

たまたま行った教室がとても本格的なところでよかったと思った。
もしそうじゃなかったら、こんなふうに興味深く感じることはなかったと思うから。





クラスは、1時間15分だけど、最初の半分はストレッチ。

柔軟のためのストレッチというよりも、かなり深く、、。
太極拳をするには体が柔らかくなければいけないようだ。

先生の体は、関節がどこにもないかのようにくにゃくにゃですごい、、、、!

足を広げて、体を床につけるやつを頑張っていたら、
「ぶちん!」と太ももの根元から音がして、
筋肉が裂けたみたいに痛くなった。

「足が痛くなってできないんですけど、」とは言えなくて、
がんばって続けた。
今でもまだちょっと痛い。

先生は「明日突然これができるようになんてなりませんからね!毎日やることでできるようになるから毎日やってくださいね」と言っていた。

毎晩、真面目にやっている。

いつか先生のようにどこまでも曲げられる体になりたい。
毎日努力していればできるようになるはず!楽しみだ!



これは太極拳用に買ったシューズ。すごくかっこよくて気に入ってる!


先日、クラブに行った時、
メインではないフロアを見に行ったらガラガラで、
BFが「せっかくだからここで太極拳練習していけば」
(家では狭すぎてきちんとできないから)
なんていうので、
恥ずかしかったけど、せっかくのスペースなので練習した。

音楽もDJがゆったりしたのをかけていたのでちょうどよかった。(失礼!!汗)

外国人のカップルが、「awesome!!!」と言いに来てくれて嬉しかった!
まだ3回しか習ってないけど、一応かたちになっていたのかなと思って。

もしかしたらカンフーと思ったのかも。

そう言えば、太極拳は、戦うためのポーズでもあるそうで、
確かに、家で教えてもらったとおりBFにやってみたら、
彼がコロン、とひっくり返っておかしかった。
すごい!と思った。


posted by R (あーる) at 05:36| Comment(0) | スキンケア&ビューティー&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アクセス解析タイ・バンコク情報