2017年01月26日

どうしても観たかった『Born to be blue(青に生まれついて)』


写真 4.PNG

イーサン・ホーク主演のChet Bakerの映画がどうしても見たくて、
チェックしてみたらまだUPLINKでやっていることが判明。
だけど、12:20の回のみ、、、!
朝9:30くらいに起きなくてはいけないということ!
ふだんはそれくらいの時間に眠りにつくのに。

よく見てみたらサービスデーだとかで1100円とか書いてあるし、
これは行くべきなんじゃないかと思い、
がんばって3:00に寝て、
ちゃんと起きることができた!


:::::::::::

昔から、映画館で映画を見るときは
集中ができなくて、
あと、まわりに人がたくさんいるから
それが安心して毛布のように感じられて
必ず寝てしまう。
どんなに楽しみにしていた映画でさえも!!


「今回の 『Born to be blue(青に生まれついて)』も間違いなく寝るだろう!」
とBFに断言されていて、
自分でもそう思っていた。
が、驚いたことに、寝なかった。

映画自体は、ちょっと数シーン見ただけでも
画面の締まりがない感じがして、
駄作感がそこはかと漂っていたというのに、
イーサン・ホークの繊細な演技がすごくて目が離せなかったから。

しかし、私の中では映画がよかったかどうかは
けっこうどうでもよかった。
早起きして映画を眠らずに見終えることができた!
と達成感がうれしかった。



関係ないけど、時々、
イーサン・ホークがグレン・グールドにそっくりにも見えて、
途中、何回か「あれ?なんの映画を見ているんだっけ?」と思った。





チェット・ベイカーとグレン・グールドの
ブルー具合が似ているのかもしれない。
グレングールドの生涯を誰かが映画化する時には、
絶対にイーサン・ホーク主演にして撮ってほしい。



映画館で見ると、私には画面が大きすぎて、
DVDで見る時とは違い、
頭の中にストーリーとして残ることはあまりない。
全部すぐに忘れてしまう。

でも、イーサン・ホークの演技だけは
切れ切れに頭の中に残るだろうと思った。






そういえば、チェットベイカーが、復帰のために
田舎にこもってトランペットだけと向き合っていた時間が
とても濃密に見えて羨ましかった。
その間は、世の中には出ていないけれど、
出ているときの何十倍もいろいろなことを
感じ、学んだ時なのではないかと思う。

タロットが、
「動けないときはもがかずに、自分との濃密なデートの時間だとおもって楽しんで」
とよく言うのは、
まさにこのことと思った。



:::::::::::

写真 1-3.JPG 

BFと、「芸術家」についての話をしながら、
岡本太郎記念館に向かった。

『舘鼻則孝 呪力の美学』の展示を見るため。

写真-2.JPG

これは、チラシが図書館においてあって、
それを見た時に「何?!このすてきな作品は!!!」
と目が釘付けになったから。

岡本太郎記念館は18:00で閉まってしまう。
夜型の私には早い閉館のため、
今まで行きたいと思っていたけど行ったことがなかったので
ちょうどよかった。

写真 3-3.JPG

舘鼻氏の作品は、岡本氏の作品群と一緒に置かれていたため、
どちらのの作品なのかがよくわからなくて混乱したが、
入ったときにもらった目録を見るとちゃんと書いてあった。

だけど、メインのあの赤いヒールレスシューズは、アトリエではなくて、
2階の奥の、頭蓋骨が飾ってある部屋にあったほうが
いいのではないだろうかと思った。

作品は数点のみで、もっとたくさん見てみたいと思った。



(こんな素敵な作品もありました✨)
写真 4-2.JPG


:::::::::::


写真 2-1.JPG

その頭蓋骨が飾ってある部屋では、岡本太郎氏のフィルムと声が流れていた。

「世の中上手くやろうとすると、結局、人の思惑に従い、社会のベルトコンベアーの上に乗せられてしまう。一応世間体もよく、上手くはいくかもしれないが、本当に生きているのではない。流されて生きているにすぎない。」岡本太郎


他にもたくさんすてきなことを語っていて、
タロットのいつも言っていることと通じていて
ビバビバときて興奮した!

落ち込んでいる人や、これからどうしよう…、と困っている人は、
ここのこの部屋で数時間座っていたら
とてもスッキリするのではないかと思った。



写真 3-2.JPG




:::::::::::



芸術ってなんだろう?

「ぼくが芸術というのは生きることそのものである。
 人間として最も強烈に生きる者、無条件に生命をつき出し爆発する、 
 その生き方こそが芸術なのだということを強調したい。 
  “芸術は爆発だ” 
  (中略)
 全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーッとひらくこと。 
 それが爆発だ。 
 人生は本来、瞬間瞬間に、無償、無目的に爆発しつづけるべきだ。  
 いのちの本当のあり方だ。」 岡本太郎(ピクシブ百科辞典より引用)




と岡本太郎氏は言っていた。
(太郎さんはなぜこんなに宇宙の言葉をキャッチしているのだろうか?!)



唯一無二の存在であり続けることが
重要な気がする



posted by R (あーる) at 02:48| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岡本太郎の絵と発言に初めて出会った日の感動と興奮を思い出しました!
彼の絵にも言葉にも、いつも魂を鷲掴みにされます。

夫との初デートもここでした。
懐かしいなぁ〜(*^_^*)
Posted by EMI at 2017年02月21日 23:39
EMIさん、だんな様との初デートがこの記念館なんていいですね〜〜。
ほんとに記念館(EMIさんにとって)ですね!ヾ(*´▽`*)ノ

わたしも!岡本太郎さんの言葉を聞くと、愛の大きさを感じて、なんてすごいお方なのか〜〜〜、と、本当に尊敬してしまいますm(__)m

どんな経験を通して、太郎さんがあのようなすごい境地に至ったのでしょうか!
Posted by R at 2017年02月23日 07:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アクセス解析タイ・バンコク情報