2017年01月03日

初詣で考えたこと

すばらしいお寺・神社ベスト80 (プレジデントムック)

今日(1月2日)は初詣に行った。
近所の神社へ。
ここでの初詣は初めてだけど、
去年、私はこの神社に一人で10回以上来たと思う。

なぜなら、BFが仕事いくときに見送りにいって、
その帰りに近くのここによく寄っていたから。
そのおかげでこの神社が
だんだん馴染み深い場所になっていったのだった。


稲穂丸メ大 XJ004610


BFは、神社の入り口あたりで
なぜかわからないがウキウキしだして
「あ、ごめん、ついワクワクしてレディーファースト忘れちゃったね」
と言って神社の門を先にくぐらせてくれた。

なぜそんなにワクワクするのか、
私にはよくわからなかったけれど…。


順番を待っている間、BFと
まず二礼をしてから、拝んで、二拍手、一礼なのか、
二礼して二拍手してから、拝んで、一礼なのか、
を考えた。

前のひとたちを見る限り、
二礼して二拍手してから、拝んで、一礼、
が一番自然な気がしてそうしてみた。
はたしてそれで良いのだろうか??

今日は鈴がないけど、いつもは鈴があるので、
それを鳴らすタイミングはいつか?!
というのも非常に悩む。

勉強してから行くべし!
“識子流
桜井 識子
ハート出版 (2016-12-22)
売り上げランキング: 1,594



::::::::::::::::

おみくじは大吉。
BFは凶でがっかりしてた。

私はここ数年ずっと大吉続き。
だけどそれほど嬉しくない。

大吉を連続で引きはじめてから考えたことだけど、
思うに、
大吉の意味というのは、
普通の概念での良い年、というのとは
ちょっと違うのではないかと。


〜以下、私が大吉について勝手に思うこと〜

人生というのは、
ステージが変わるような時というのが
いくつかあると思うが、
そのときには
道が平坦な状態なままそこに行き着くことは
できない。不自然だから。

ゆえに、そのステージに向かうための
「階段」の役割のような出来事が起こる。
その「階段」をよっこらあがって、別なステージに行く、
というのが自然な流れ。

平坦な道を歩いていたのに、
いきなりその「階段」が現れたら、
その突然さに、人は「怖い!」と感じると思う。

そして、何のためにその「階段」があるのかもわからないから、
ただヤバいことが起こっている!!!
と認識しがちだけれども、
じつは怖いことではないし、

そこを恐れずに乗り切ることによって
次のおもしろいステージに行き着くってことじゃないかと…。
普段タロットが言っていることと照らし合せると。


おみくじの大吉のメッセージというのは、
「その「階段」が突如出てくるから
怖く感じるかもしれないけれど、
それは単なる次に行くための階段の役目であり、
絶対に絶対に守っているから大丈夫だからね!
次のステージは階段のぼっていく位なんだから
今まで以上におもしろくて最高だよ!」
という強い励ましなのではないかと思う。




だから、私は大吉を引いてしまうと、
どんなことが起こるのか?!
と身構えてしまう。
でも、大吉にもちゃんと書いてあった。
時間はかかるがすべて大丈夫だって。


日本語御神籤(おみくじ)omikuji 50枚1セット


ちなみに、BFは一瞬がっかりしていたが、
凶というのも全然悪くないと思う。

〜以下、私が凶について勝手に思うこと〜

凶を引くときというのは、
おそらく上記で書いた「階段」のない
平坦(じつは平和)なときで、
だけどそれに退屈すると
余計なところに足を突っ込んだり、
考えなくても良いことを考えて
勝手に障害を感じたり、、
つまり、ただ単に
自分で勝手におかしな現状を作りやすいから、
そしてそれにより勝手に落ち込むかもしれないから
よくよく気をつけたらいい(それくらい平坦)
=外部から悪いことが降りかかるということではない、
ということだと感じる。

そんな時は、ただ気をひきしめて
自分の目標だけ見据えて
淡々とやるべきことをやっていれば良いのだと思う。
退屈して余計なことを考えないように。



そんなことを神社からの帰りに考えながら歩いていたら
大吉について何か言っていたBFが、
「俺の話、ぜんぜん聞いてないだろ〜!」と言いはじめ、
(私)「聞いていたよ」
(BF)「ウソだ!!ほんとうに聞いてたならそのことについての感想ちゃんと言ってみろ〜!」
などとなぜか意味不明にヒステリーを起こしていたところに、
目の前にとつぜん、ぐでたまが現れた。


写真-1.JPG
(いつのまに街の中にこんな大きなぐでたまが?!)

「ぐでたまだ。」

と二人で見上げた。

「………。」


::::::::::::::::


私は今まで、ぐでたまが
サンリオキャラにいることが許せないと思っていた。

サンリオキャラは、
キティちゃん、マイメロ、
パティ&ジミー、キキとララのような、
女の子のファンタジーとメルヒェンを
体現したようなものであってほしい。

バッドばつ丸とかは全然ちがう。
なんとかプリンちゃんは微妙なところ。
ぐでたまは論外だと思っていた。

しかし、今日このぐでたまを見て感じた事は、、、

ぐでたまは「ゆるむ」ということを
人に教えているのではないか、
ということ。


私も今年は「ゆるむ」を目標にしよう!
ゆるんでいれば大吉のための階段も
しらないうちに乗り越えていくんじゃないかな。

ぐでたまの存在は意外と哲学的。
気に入った!


ちなみに、ヒスを起こしていたBFはぐでたまを見て冷静に戻った。




::::::::::::::::

(ちょっと欲しい)




ぐでたま しゃべる抱き枕
サンリオ (2016-10-16)
売り上げランキング: 45,267


ぐでたまTwitter

posted by R (あーる) at 04:18| Comment(2) | 街をぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐでたまへの感想、全く同感です!
Posted by EMI at 2017年01月24日 21:08
EMIさん、コメントありがとうございます(*´∀`*)ノ

わたしは今までぐでたまを全く理解していなかったと反省しました!

現代に必要なすばらしいキャラクターですね〜ヾ(*´▽`*)ノ
Posted by R at 2017年02月04日 05:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
アクセス解析タイ・バンコク情報