2016年02月13日

ちまちまとラッキーな1日!

HERMES show window #hermes #fashion #windowshopping #showwindow #windowdisplay #windowdisplays #tokyo #streetphotography #streetphoto #hermeslover

(通りがかったエルメスのディスプレイ。かわいい。)


昨日、出かける時、
Acneのコートのジッパーの一番下のところが
3センチくらいほつれていることを発見し、すごくショックだった。
でも、BFももう靴を履いているし、
予定していた電車の時間にも間に合わなくなるので
そのまま出かけることに…。

駅に歩きながらも、延々とそのことを嘆き続けていたけれど
知らないうちに別の話をしていたようで、

「それって、コンピューターでいうと、脳の中で別のウィンドウが開いたみたいな感じなのかな?」

とBFに言われてハッとした。

「さっきまであんなにクヨクヨしてたのに、よくそんなにコロッと別の話すぐできるよね」

確かに!!

言われてみると、本当にどうなっちゃってんの?!私?!
と思うほど、さっきまでのことはすっかり忘れたかのように
次の瞬間には全く関係ないことを
全く別の気分で話してる。
こういうのって、注意欠陥障害というのではないだろうか?

それから電車に乗ってからも、
私の脳内では
新しいウインドウがいくつか開いては、
また元のウインドウに戻っていた。

「そんなに気になるなら、これからハンズに行くんだから
そこで安全ピンでも買えばいいじゃない」
と、BFに言われ、「うん…」
と答えながらも、

(100円ショップならまだしも、安全ピン1コのために数百円出すなんてバカみたい)
(しかも1本だけなんて売ってないだろうから、必要もないのに1ケース買うはめになるだろう)

とか2人とも沈黙しながら思っていた。。

そして、乗り換えホームで電車を待っていた時、
なんと!!
BFのコートの襟の下に
ぶらぶら揺れている小さな安全ピンが!!!

「安全ピンが!!! 襟の下に安全ピンがぶら下がってるよ!」
「え? ホント? クリーニング出した時についてたやつかも」

BFのコートの糸を切らないように注意しながら、
そっと安全ピンを外した。

「これって奇跡じゃない?!
「奇跡だよ! 
狂喜し、早速コートの裾を補修して
ホッとした。

あまりにもみみっちいことだけど、
本当に奇跡を感じた(笑)

まるで、手品師がポケットから鳩を出してくれたり、
手をシュシュっと擦り合わせたところから
ハートのエースを出してくれるみたいな。

奇跡というより手品という感じかもしれないけど 🐶。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



それから
Apple StoreにMac bookをチェックしに行った。





MacBook Pro が札幌で壊れ、その後2年間も放ったらかしだったからだ。
今までは15inchを使っていて、小さいウインドウを使うのは不安があったが、
前日タロットに聞いてみると、「あんたに15inchなんて無駄でしょう!」
と言われ、13inchのretinaディスプレイの Macbook proと、
retinaディスプレイの12inch Macbookを薦められた(by tarot)。
ちなみに価格は同じ。






見てもよくわからないので
側にいた外国人の店員さんに聞いたら、
操作をして見せてくれた。
13inch macbook proの方が断然スピーディーなことがわかった。

つまり、スピードとかよりも重量的に軽いのが良ければ12inchのmac bookを買うべきで、
そんなに持ち歩くことがなければ13inch mac book proを買えば良い、
という、とてもシンプルなことを教えてもらって
非常にすっきりとした気分になり、
本当はその日は買う予定ではなかったけれど、
その場で買うことに決めた。

ストレージを大きなものにするかどうか聞かれ、
迷っていたら店員さんが色々と説明してくれ
「話を聞く限り、きっと128GBでいいよ」
と言った。
私は信じられなくて「えっ?!」
と聞き返した。

店員さん「128GBで」
私「256じゃなくて?」
店員さん「128で十分だと思う」

信じられない!
256GBだったら数万円高くなるのに
(お店側としてはその方が都合が良いだろうに)
128GBで足りるなんて、私の懐に優しいことを言ってくれるなんて!

私「DVDを見るかもしれないから、DVDつなぐやつもください」
店員さん「本当に? DVDなんて本当に見るの? Netfixとかで十分じゃない?」
私「…(確かに…!!」



店員さん「みんなここくるとあれもこれもぜーんぶ欲しくなるけど、そんなに一気に買ったら使わなくなっちゃうだけ。今日は一つ買って、しばらく使ってみて、それでどうしても必要だと思ったら、ここはずっといつも開いてるんだからまた買いに来ればいいよ」

などと、その後も、店員さんはあらゆる点で
ミニマムな買い物の仕方をお勧めしてくれて、
とても助かった。

前にMacBook ProをApple storeじゃないところで買った時は、
あれもこれも必要、メモリ増設とかで、すごい高価になってしまって痛かったのに、
毎回フリーズするダメなやつだった。

しかし、その痛手もあって、
今回のこの店員さんが言ってくれることは
とても自分にしっくりきたのだった。
前の失敗がなければ、ここまでミニマムな選択はしないかもしれない。

ありがとう!Appleの店員さん!
ありがとう! 一緒に選んでくれた T!
ありがとう!神さま!

こんなにシンプルに買い物ができたことが嬉しい。
等身大のお買い物という感じがする。

うれしくて、早速こうしてblogを
久しぶりに書いているというわけ☺️

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

その後もラッキーな感じは1日じゅう続き、
帰りの電車も
BFが「ここだな。今日の俺はすごい冴えてるからまちがいないよ」
と狙いを定めたところに立っていたら、
次の駅で2シート空きが!



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

何かと1日ラッキーだったよね〜
と振り返ってみた時、

BFの襟に安全ピンがぶら下がっていた、
本当に必要なものだけ売ってくれる店員さん、
ピンポイントで狙っていた場所が空き、電車に座れた、
などという異常に現実的すぎる内容が
もし神さまが考えてくれたことだとしたら
とてもちまちまとしていて
すごくかわいい!
と思っておかしかった。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

エコロジーオンラインでの連載3回目がUPされました。
よかったらチェックしてみてください。
木がどんなことを考えているか聞いています。

     
アースタロット-木との関係を見直そう



posted by R (あーる) at 04:49| Comment(0) | かわった出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
アクセス解析タイ・バンコク情報