2015年09月05日

札幌のこと

11960215_817035888393717_5190230469272224019_n(変換後).jpg

札幌では、札幌駅からマンションのある西18丁目まで
いつも歩きます。
大通り4丁目(にぎわっているところ)に行く時も
いつも徒歩。

その行き帰りに歩きながらいろんなことを思う訳だけど、
札幌っていいよな、
とよくしみじみ感じることが多い。

来た当初は、目に映るものが
自然以外は洗練されていない感じがすることが多くて
割と反発な気持ちのほうが強かったかもしれない。

だけど、どこまでも懐の広い大地に抱かれて、
って、そんなに比喩でもないような感覚で
受け入れてもらって
まわりのあったかいみなさんにいつも助けてもらって
なんとなく楽しい
楽しい?
楽しい、
毎日があって、
そんなのウソじゃないか!
というような
なんだか夢の中にいるような日々が
なんとなく続いている。

なんだろうこれは!?と、時々思う。
だって、これは、
わたしが夢に見ていた生活じゃないかと思って。

エネルギーの強い緑があって、でも都会で、
居心地のよいところに住んで、
そして、起きて気が向いたらすぐ友達と徒歩でお茶したりできて、
気を使わなくていい気の良い友達がまわりに住んでいて、
パーティーしたりして、
そこで私は好きなことをして生活をしている、
という。

でも、それがあまりにも自然なカタチで叶っていると
叶っていることになかなか気づかないものなのだな。

気づかなすぎて満喫できていない。

ということに最近気づき、
もっと満喫しようと決意した。

10382736_817036155060357_8947902297866610871_n(変換後).jpg
(こんな渋いお店とかっこいいカフェとが同居しているストリートがいっぱい)

北海道のゆっくりしたリズムになれた今となっては、
東京の電車になんてとてもじゃないけれど
乗れる自信がなくなった。

一日の中で、
外で遊んで、
仕事もして、
自分の時間もゆっくり持って、
なんて東京では絶対できなかったこと!

それくらい、スピードの流れ方が違うし、
疲労の仕方も違う。

東京はすり切れていくような感じだ。
でも、それが好きだったし、
今でもきっと好き。

傷だらけの動物が飢えながら真っ暗な中を走っているような
そんな破れかぶれ感が好きだったのかも。

11915108_815482348549071_8614131966147135477_n(変換後).jpg

坂本龍一氏が、北海道のことをエレガンスがあると言っていたそうだけど
たしかにそうかもしれない。

道で、人とちょっとかすっただけでも
どんな人でも例外なく、絶対に本気で謝ってくれる。
オートマチックに謝るのではなく、
本当に悪い事をしてしまった!というような謝り方。
それに心底驚く。

ドアは、必ず次の人のために押さえておいてくれるし、

ブッフェでガツガツてんこもりするような人は
私たちくらいしかいない。

街中に煙草の吸い殻やゴミが落ちているのを見た事がない。

若者が大声でバカみたいにはしゃいでいるのを見た事がなく、
みんな学習院出身ですか?というような上品さがある。

子供たちは驚くほど素直で生き生きとしていて、
ピカピカと光っていて、
しつけが行き届いていてうるさくない。

何かのちょっとした街のイベントなども
とても真心のこもったものばかりで、
丁寧に作られた感じがする。
そのことに感動する。

お店で売られている品物に真心がこもっているから、
パンが500円とかでも、妥当な気がしてつい買ってしまう。
エネルギーが高いのだと思う。
それを感じるから高い値段と思わないのかも。

東京は、競い合うからこそ生まれる洗練があるけれど、
北海道ではゆったりした時間の中で生まれる
心の余裕と真心がある。
どっちも好き。

だけど今は北海道にいるから、
もう二度と東京に帰ることができないくらい
このすばらしさを満喫しよう!


もし、東京で孤独を感じている人がいたら、
札幌に引っ越してきたらいいと思う。
しかも、ちゃんと稼いでいる独身男子ならば
ものすごく、人生最高くらいにモテるのではないかと思う。
なぜなら、札幌では、女子の数のほうが圧倒的に多いと
道を歩いていて感じるからです。

でも、中年独身女性にもおすすめです。
札幌では常に遊べる楽しい友達がいるし、
毎週、ハワイのようにクリエイティブなイベントがあるから
10代の頃のように楽しめると思う。

もし、私が東京に戻ることがあったとしても、
足腰が弱くなってきたら札幌にまた戻りたい。
東京のような不気味な老後の不安は感じずに
住んでいることができる街だと思うから。






posted by R (あーる) at 06:01| Comment(0) | 街をぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
アクセス解析タイ・バンコク情報