2013年01月18日

ファションブログ熱

fashion note(変換後).jpg

ここ最近は仕事をしている時以外は
すべてTumblrに身も心も捧げているような状態。

Tumblrでは最初、アートのblogを作ったんだけど
誰からの反応もなくてがっくりきた。

で、今度は自分の楽しみのためだけに
fashion noteという
ファッションのblogを作ったところ、
投稿直後から反応がいっぱいあって
アートのblogとの差に愕然…。
(ちなみにこのアートのblogはこの間ここで書いたやつで、もはやアートとは関係ない方向にいってます。)

それからどんどん
このファッションブログへの熱が加速していって、
止まらなくての一ヶ月。
ときどき、何の役にもたたないこんなことしてて
わたしいいのかな?って気分になるけど
でも楽しくてやめられない。


おお!という画像に出会ったときは、
まるで金塊を掘り当てたときみたいな
気持ち。こんなふうに興奮できるのって
まるでゲームみたいだと思う。

フォローしてくれる人の数がどんどん増えてくると
勘違いしてどこか期待に添うように
やってしまいそうになるけれど
それよりも自分らしさを追求することにいそしもう!
って、ぐっと心に決める感じなんて
けっこう精神修行にもなっていると思う。

::::::::::::::::

それにTumblrっていうのは
自分探しができるツールですらあると思いますね!

欲しい画像を探しているうちに、
どんどん自分の求めるものがわかってくるというか、
究極の自分の形がシンプルに見えてくるというか。
(ファッションについてだけというわけではなくて。)

Tumblrをやっていての自分についての発見は、
自分の中だけの「品」というものがあって、
それを非常に大事にしているということに気づいた点だった。

どんなにダーティーな画像でも
品がある場合があるし、
どんなに高級な服の画像でも品がない場合もある。
その「ある」「ない」は自分の価値基準でしかないけれど、
これは自分のブログなわけだから私の基準で選んでよくて
それが最高に気持ちいい!


::::::::::::::::::
Teflon (Tato One Semitone Remix)

私はファッショナブルな人間ではないけれど、
それでも
このblogでやりたいのは、
大好きなTania VulcanoのDJingのような
エッヂーでダーティーで力強い
自分らしいblogを作ることだ。

おしゃれはやはりオリジナリティだと思う。
人がステキものを作っていたり着ていれば
同じものが欲しくなったり
作りたくなってしまうけど、
それが自分にも似合うとは限らない。
やはり自分だけに似合うものをどこまでも探して
追求していくしかない。
やっぱりおしゃれ道は自分道なんだな〜。



::::::::::::::::::::::


だけど、ハイファッションとスケータースタイルとカジュアルを融合させるのって想像以上に大変だった。並びですべて台無しな感じになってしまう、、。
でも、だからこそやりがいがあっておもしろいんだよね!

ところで、
tokyoのおしゃれなファッションサイトといえば、
シトウレイさんのSTYLE from TOKYO
と、
Dan Baileyさん& Joeさんが作っている
TOKYODANDYがダントツだと思う。

TOKYODANDYのsiteは本当に最高にすてきにキラキラしてだいすき!


シトウレイさんの本を読むと、情報から着せられるおしゃれではなくて小さな頃みたいな純粋なおしゃれへのあこがれを思い出します。

タグ:Fashion tumblr
posted by R (あーる) at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | クリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314109598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
アクセス解析タイ・バンコク情報