2017年04月28日

タロットカードの世界のようなミュシャ展

写真 4-1.JPG

ミュシャ展を見に行ってきた。

根津美術館に行く予定だったのだけど、
なぜか突如ミュシャ展に変更したのだった。


この日は、タロットに、

「外側には何も期待してはいけない、
自分の中を掘ることだけしかできない、
それ以外はナシ」


と言われていたので、
私は今日、ミュシャの絵には感動しないのだ、
くらいに思って行った。


::::::::

写真 1-1.JPG
(最後の一画は写真OKなエリアだった。自分も撮っておきながらこんなこというのもなんだけど、このようなサービスは必要ないと思う。お互いに撮影の邪魔にならないようにいるのがけっこう大変)

晩年の約16年間を捧げた渾身の作品、
《スラヴ叙事詩》(1912-1926年)20点は、
とんでもなく大きな作品だった(およそ縦6メートル、横8メートル)。

チェコ国外では世界で初めて、全20点まとめて公開されるのだという。



タロットが言うように、
確かにただ見るだけでは、
何も感じられなかったので(私に琴線がない)、
感じるまで1点ずつ、じーっと見て待つことにした。


全部、そのようにして見て行くと、
この作品群は、
まるでタロットカードの世界のようだなと感じた。


写真 2-1.JPG


最後の20点目の作品なんて、
まるでタロットの21「世界」みたい!


「許し」というイメージが
強く浮き上がってくる気がした。



それから、スラヴ叙事詩の作品群ではないけれど、
「ハーモニー」という作品があって、
それは、
人間の視点よりもはるかに大きなものが存在する、
ことについての絵だった。

「理性と愛の間で調和をもたらすのは英知である。」ことを描こうとしたって書いてあった。


勝手な想像だが、
こんな絵を描くなんて、
ミュシャは、黙々と作品を作っている間に、
スピリチュアルな旅をしていたのではないかと思った。

せっかく
自分の生涯をかけて描いた作品が出来上がっても、
評判は全然良くなくて、

挙句に、ナチスに愛国者と思われて
何日も詰問された後、体調を崩して亡くなったらしいが、
それを悲惨とかかわいそうとか、そのようには思わない。

なぜなら、彼はきっと、絵を描くことを通して、
そんなことは不幸でもなんでもない単なる「出来事」ととらえる、
ということを知ったのではないかと思うから。
あるいは、それを知るために絵を描くことになっていたのかもしれないと思うから。
宇宙のめぐりはすべてうまくいっているのだと思う。
そのようなことをミュシャは作品で描いていたと思う。

不謹慎かもしれないが、個人的にはそのように感じた。

ミュシャ展
会期:2017年3月8日(水)−6月5日(月)まで。
会場:国立新美術館 企画展示室2E
場所:〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
毎週火曜日休館 ただし、5月2日(火)は開館
10:00-18:00
※金曜日は20:00まで
※4月29日(土)−5月7日(日)は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで



:::::::::::::::::::::
以下、作品を見ながら書いていた勝手な個人的なメモ。

1. 悲しいとか、戦っているとかいう「概念」があるだけ

2. わたしたちは生命を繰り返しているだけ

6.平和、幸せという気持ちだけリアル

5. 「しなくてはいけないこと」

4 .書かれることは全部ほんとうは嘘。人に対して信じさせたいことが書いてある

3.輪の中をくぐらせる。従わせる。狭くする。通り抜けること

13 閉じこめられたエネルギー。閉じ込められているからそれを信じること

11;太陽を出す力が問われる。それが無理なほど重いものをひきずったときに

14:だいなしにすること、狂った世界。

10:見える範囲内で、フォーカスを当てる場所

9: みんなのかんがえをひとつにするのは無理

7: 調教、傲慢

16: 彼の思いは誰も知らない。そしてそれで良い。宇宙に海に広がるだけ

:::::::::::::::::::::

●自分でどうにかできると思う「自力」。起こった出来事を信じ込むのは「自力」を信じること

●「犠牲」とは交換条件として、何かを勝手に信じてコントロールしたい気持ち

●警護とは、守れないものを守ろうとする危険さ

●青春とは自分の力が大きくなったように感じ、ちからがみなぎること


●想像力とはみたことのない何かを超えること

●「独立」は思い込み

●ハーモニー(調和)、もっと大きなもの

:::::::::::::::::::::



半分見た時点でくったくたになりソファーで脱落しそうになりました。
絵が異常に大きいから??

そういえば、気力を取り直して最後にもう一回最初から見て回った時に、
人が少なくなっていくらでも遠くから作品を見ることができたのだけれど、
距離によってその印象が大きく変わるとも思いました。
3Dのように見えるのもあった。


posted by R (あーる) at 01:29| Comment(0) | 街をぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

初めての新宿御苑とHenry Leutwyler個展”DOCUMENT”

桜.jpg

今日は、換気扇の工事の人が来る予定だったので、
12時に起きた。

工事の人は確かに来たが、
今日は工事はできないと行って帰ってしまったので、
BFが混ぜご飯のお弁当を作ってくれて、
私はハーブティーのお茶を作って、
お花見にいくことにした!

そして、わたしは生まれて初めて新宿御苑に行ったのだった。

新宿御苑.jpg


新宿御苑てすごい!
こんなに広大で繊細なすばらしい庭が新宿のど真ん中にあるなんて!
今まで、ずーっとこの周りをくるくる何度も歩いていたのに、
新宿御苑に一回も来たことがなかったなんて
私はバカだ。

お父さんとお母さんも連れてきてあげたかったと言うと、
BFが「きっと来てるよ」と言うので
本当に来ているような気がした。

桜の木.jpg

いろいろな種類の桜の木があったり、
おどろくようなたくましい木があったり、
目にするものすべてがキラキラとしていて、
とても1日では見切れないと思った。

しかも、入場したのが15:30だったので、
日本庭園を見るだけで精一杯だった。

最近、BFは、こういう渋いところに散歩に来るのが好きらしく、
温泉通いに次いで新しいレジャー発見しちゃったな、
とか言ってる。

確かに、彼は、前だったらこういうところに来ても
「もう行こうよ」とすぐに言っていたはず。

しかし、今は木や植物を見るのがおもしろいと言う。

なんでそんなふうになったのか?
と聞いたら、
「消費をやめたから」
と言っていた。

前は、CDや雑誌などをたくさん買いたくてそわそわしていて
自然鑑賞どころではなかったのだそうだ。

しかし、北海道に行って、また東京に戻って来て、
の2回の引越しの間に、いろいろなものを捨てる羽目になり、
そのうちに新しいものを買わなくてもよくなってきたらしい
(sound cloudとかで聞くから)。

私もそうかもしれない。

断捨離の後、新しい洋服をほしいとはあまり思わなくなり、
買うものがないので、そわそわしないで
前よりじっくり散歩ができるようになったと思う。
老境の域かもしれない😆

:::::::::::::::::::

見どころがたくさんありすぎて
中でお弁当を食べる時間など全くないまま
千駄ヶ谷出口から出た。

ひと気のない能楽堂の外の
隅っこにあるベンチでひそかにお弁当を食べた(!)。
上には桜が咲いていて、
ひら〜っとたまに落ちて来るところが風流だね〜✨
と言いながら、
警備員さんに怒られるのではないかと
ちょっとヒヤヒヤしながら食べた。
今日は能楽堂の催し物がない日のようで
誰も人が通らなくてよかった。


:::::::::::::::::::


マイケル手袋.jpg

それから表参道の近くにあるveganのお店で
アイスを食べようよと言ってぷらぷらしていたら、
The Massというところでやっていた個展会場のガラスの向こうに
マイケルジャクソンのあのスパンコールの手袋が見えて、
「マイケルジャクソンの手袋だよ」
とBFに教えたが、
「まさか!ちがうよ。どっかのおばさん趣味の人がつくったやつじゃないの」
と言うので、入って確かめようと
Henry Leutwylerの個展”DOCUMENT"を見ることになった。

henry展覧会.jpg

手袋の写真はやはりマイケル・ジャクソンのもので、
他にもいろいろな色のスパンコールの手袋や、
ソックスや、靴の写真があった。

マイケル靴.jpg マイケル靴下.jpg

マイケルのスパンコールの靴下は、
まさかコットンにスパンコールが縫い付けてあっただなんて!


会場は、3つに分かれていて、
マイケルだけでなく、過去の大スターのいろいろな持ち物が
無機質に写真に取られていて不思議な感じだった。

アンディ・ウォーホルの筆とか、
マリリンモンローのトランクとか、
ボブ・マーリーの火事にあった最初の焦げたギターとか。

とてもシンプルに撮られた、
誰かが使っていた「物」は、
写真の中でなにかブツブツとつぶやいているようだった。
何を言いたいのかはわからないけど。




Henry Leutwyler “DOCUMENT”
MARCH 24th - APRIL 15th, 2017

The Mass is open Thursday through Monday, 12:00 – 19:00
Closed Tuesday and Wednesday
Entrance: Free

The Mass
5-11-1 Jingumae, Shibuya-Ku,
Tokyo 150-0001
JAPAN
TEL 03-3406-0188
info@themass.jp

posted by R (あーる) at 02:25| Comment(2) | 街をぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

太極拳を始めることに

超わかりやすい太極拳入門DVDブック
中 暢子
PHP研究所
売り上げランキング: 121,503


この超わかりやすい太極拳入門DVDブックという本を
手に入れてから、自分でも驚くけれど(!)
毎日DVDを見ながら練習している。

もう一週間くらい。

なぜこんなにも飽きっぽい自分が
そんなことしているかといえば、

初めてこれをやったとき、
モワモワとした「気」を感じたことが
おもしろかったからだ。


「気」というものは、
先天的にたくさん持っている人と、
持っていない人がいるらしい。
わたしは、多分、あまり持っていないと思う。

そういう人は、気功とか太極拳で
後天的に「気」を養うといいと何かの本に書いてあった。
太極拳をすれば、私なんかでも
「気」を取り入れることができるかもしれない。
そういう、もっと元気になったらいいなと思う気持ちもある。


でも、それよりも、
このモワモワと感じる「気」、
これは一体どういうことなのか?!ということを
突き止めたくてやっているのかもしれない。


その探究心が大きくなってきていたこのごろ、
偶然にも!
昨日、郵便受けに太極拳教室のチラシが入っていた。


そのクラスは近所。
おまけに入会金と事務手数料が今ならば無料で、
今までなかった超初級者のクラスが増設され、
そのためのコースまであるらしい。
中国人のプロの先生がやっている教室のよう。
授業料も安い。

あまりにもぴったりすぎるものがきて
1日考えてしまったが、
今月は、血液型別タロットリーディングによると
直感を大切にしなくてはいけないらしいから、
とうとう電話して申し込みをしてしまった!


今日も、DVDで練習したけど、
直接教えてもらうことができるなんて
すごくうれしいな😊
開講が楽しみである。



:::::::::::::
欲しいです!
太極拳 入門太極拳・初級太極拳 [DVD]
NHKエンタープライズ (2007-03-23)
売り上げランキング: 17,184


太極拳新シリーズ 初級 決定版 李徳芳先生の24式太極拳+PLUS [DVD]
BABジャパン (2005-08-31)
売り上げランキング: 8,642

posted by R (あーる) at 01:40| Comment(0) | スキンケア&ビューティー&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセス解析タイ・バンコク情報