2017年09月17日

まど・みちお さんと宇宙


詩人の まど・みちおさん のドキュメンタリーを見た。

百歳日記 (生活人新書)
まど・みちお
NHK出版
売り上げランキング: 32,824



Amazonでぶらぶらしていたら、
詩人のまど・みちおさんの本に行き着いたのがきっかけ。

そういえば、昔、皇后美智子さまがまど・みちおさんの詩を
英訳されたという話をテレビで見たことがあったのだけど、
     ↓
(この本もそう。皇后美智子さまの選・訳によるまど・みちおさんの詩集第2弾)

Rainbow にじ
Rainbow にじ
posted with amazlet at 17.09.16
まど みちお
文藝春秋
売り上げランキング: 105,490


そのとき耳にしたまど・みちおさんの詩がとってもすてきだったな〜〜と思い出した。



百歳日記 (生活人新書)

Amazonのその本は、NHKのドキュメンタリーの書籍化だそう。詳細を読んでいるうちにその番組がどうしても見たくてたまらなくなってきた。

どうぜダメだろうけど、と思いながらインターネットで調べて見たら、なんと!あった!Daily motionに💡

クリスマスの朝のようなミラクル調な幸せ!
インターネット万歳!と文明の進化に感謝。


::::::::::


NHKスペシャル「ふしぎがり〜まど・みちお-百歳の... 投稿者 toorusan777


まど・みちおさんは、100歳になるところだというのに
車椅子で看護婦さんに散歩に連れて行ってもらっても、
まるで初めて外に出るかように自然を観察し、
池の波紋やセミの抜け殻など
あらゆることに大きく心を動かされていた。

そして、蟻やてんとう虫と
自分の命がまったく同じと
本気でそう感じているのがわかる。
そんなひと、いるだろうか?

こんなに有名ですごい仕事をたくさんされた方なのに
なんて謙虚なんだろう。
(情熱大陸とは大ちがい…。)

ママだいすき


::::::::::::


高校生の女の子がインタビューにきて、
「恋と愛のちがいはなんですか?」
と聞いたら、
恋は人間の間もので、
愛というのは森羅万象でのこと、
というようなことをおっしゃっていたのが印象的だった。

(これって、タロットがたまに
「苦しい恋愛に視界をはめずに、
そこからすーっと上にあがったところでの視界をつくってください」、みたいなことを言うことがあるけど、
それのことと近いと思う。
ならばタロット、、というか宇宙は、人間に、
恋を愛まで昇華させなさいということを伝えているのか。)


まどさんの詩は、宇宙のことが書かれていると思った。
そして、おおきくてやさしい。

その女の子が好きと言っていた詩。
   ↓

  リンゴ  まど・みちお

リンゴを ひとつ
ここに おくと
リンゴの
この 大きさは
この リンゴだけで
いっぱいだ
リンゴが ひとつ
ここに ある
ほかには
なんにも ない
ああ ここで
あることと
ないことが
まぶしいように
ぴったりだ   

「まど・みちお全詩集」理論社より引用 


いろいろな解釈ができると思うけれど、
口には出ししづらい。

自分の中のあらゆる階層で
この詩を受け取っているような、
だからひとつの層だけで生きているつもりの自分が
ぐらぐら揺らされるような、
そんな不思議な衝撃。まるで倍音の歌のよう。

感覚としてはすごくわかる!のに、
それをずばりと口に出せないのは、
それを一つの解釈でしてしまってはいけないような、
ひとつの言葉を選ぶことはできないような、、
気がするから。

だから詩なんだ!



まど・みちおさん、なんて天才なんだろう!!

宇宙の神秘がここに描かれている。


::::::::::::


それから、幸せってなんですか?
と高校生の女の子が聞いたら、
自分のいまの状態を肯定して見れたらそれは幸せではないかと思います、とまどさんは語ってくれた。

まわりに感謝して、肯定的に今の自分の状況を見るって
とても簡単なことのように感じるけど、
そんな簡単なことなのに、私たち人間は
なぜかうまくできない。

できないというよりもしたくないのかもしれない。
不平不満を持って文句を言うことで
何か満たされるように感じる部分があるのかもしれない。


しかし、まどさんが言うと
本当にそうだな、そうしたらいいなとしみじみ思えるのは、
まどさんが実際にそうやって生きることを
されてきたから、
それも最初から出来たわけではなくて、
あまりにもつらいからがんばって
ようやくそこに行き着いたんだなと
見せてくれたから。



:::::::::::


終わって、
すぐにわたしも詩をかこうと思っていたのに、
ベッドの上でダラダラとRuPaulのDrag Race シーズン9はYou tubeでは見られないけれどDaily motionsにあるのではないだろうか?と検索していた自分を発見。

なんて堕落しているんだろう、、、😱

まどさんはそんなことしない。
100歳できっと私の2倍くらい疲れているはずなのに、
いつもノートを開いて詩を書いたり
テーブルで絵を書いたりして
見たり感じたりしたことを全部かきのこしていた。

私の、このインターネットに向かう
あらゆるダラダラした時間、
まどさんはそのぜんぶを創作に向けている。
創作のために生きていたといってもいいと思う。


この自分との違い、ひどすぎると思った。

それなのに、人間が幸せになろうとしないのと同じく、私はインターネットでだらだらすることをやめないんだな〜。

せめても、とこのblogを書いた。





:::::::::::::::::
まどさんの本は全部読みたい。
その中でも気になっている本たち

絵をかいていちんち―まど・みちお100歳の画集
まど みちお
新潮社
売り上げランキング: 503,904



いのちのうた―まど・みちお詩集 (ハルキ文庫 ま 1-2)
まど みちお
角川春樹事務所
売り上げランキング: 406,747



まど・みちお全詩集<新訂版>
まど・みちお
理論社
売り上げランキング: 350,095



まどさんの童謡。歌で聞くのもいいな。
ぞうさん-まど・みちお童謡集-[白寿記念]

posted by R (あーる) at 00:29| Comment(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

新しい悪夢

サスペリア [DVD]


11年前の自分の日記を読んでいたら、
信じられないような悪夢を
連続でみていて、
自分は異常なんじゃないかと思った。

と書いてあってプッと笑った。

つい最近も悪夢を見て、
自分は異常なんじゃないかと
思ったばかりだったから。

BFに悪夢の内容を教えてあげると、
本気で は〜っとため息をつかれるほど(感心と呆れ)。



この間みた夢は、

私は、私のコピーになって、
本物の私は、心臓が止まったままベッドで寝ている。
何かをしている最中にストップさせられたみたいに、
目を開けたまま。


なぜかといえば、
コピーの私が動くためには、
本物の私の心臓を止めないと動けないから。

交代するために、本物の心臓をストップさせたのだ。

本物の私が、コピーの私の心臓の上に
手を当てたらそうなった。


そして、コピーのわたしは
本物の私をベッドで寝かし、
何かをしに出て行く。
それは本物の私を救うためのこと。



そこは、ステージからの照明のオレンジの光がまばゆく、
人も多くて
お祭りみたいなことを
大人数がしているところだった。

そこに私のよく知っているお客さんがいて、
その人が手伝ってくれることになっている
(本当の私のために何かをしなくてはいけないことを)。

しかし、彼女は人気者で忙しいらしく、
スタッフに急かされて、
ステージに歌を歌いに行ってしまった。


私はすごく焦ってる。
なぜなら、
何時間か心臓を止めっぱなしだと脳に損傷が出る
とお医者さんが言っていたことを突然思い出したから。

それなのに私は本物の私の心臓を
とても簡単に
なにも考えずに止めてきてしまった。


急いで帰って、本物の私を見に行く。
ベッドの上で、目をあけたままストップしている。
そのからだは小さくて細い。
こんな生きている意味さえないようなちっぽけな体で、
心臓が動いていたとしてもよく生きていたなと思い、
かわいい存在だと初めて感じる。

よくBFが
「そんな小さくてよく(人間として)生きているなと思って胸がキュ〜っとなる」
とか言ってくれるが、このことかと思う。

しかし、今は心臓が動いていなくて、止まっている。



この後のことはよく覚えていないんだけど、
死んだお母さんが救急車の後ろに一緒に乗って
助けてくれたような気がする。

でも、この夢の一番大事なところは、
心臓がストップしている自分の質感だったと思う。
こんなに小さくてちっぽけなものがよく動いて生きていた、
と感じたこと。

小さな動物をかわいがっている途中で
殺してみたいような気分になるのと
ちょっと似ている感覚で。


:::::::::::

次の日は、
人間の骨を土に撒く夢を見た。


それは散骨して弔う、というのではなくて、
植物の種を撒くように
人骨を土に撒くのだ。

そうすると、葉っぱが出てきて、
それから徐々に人体のパーツが育って採取することができる。
なぜかといえば、種が人骨だから
不思議ではないのだ。


肉がゼラチンみたいにスケルトンになっていて、
肋骨部分がたくさん採取できたやつを、
鼻とか目とか顔のパーツがはっきりとついていない人が集めている。
大きなテーブルのある工場のような場所で。

ゼラチン状のねっとりしたものにくるまれた肋骨が
たくさん重ねられていた。


というのをBFに教えてあげていたら、
「もういい!!もうやめて〜〜!!」
と言われた。

ディテールが想像を絶するねじれ具合で
気持ち悪いのだそうだ。

そして、また悪夢を見るすばらしい才能がある、
と彼はたくさん褒めてくれた。
このなんともいえなく気持ち悪いディテールを生かして
ホラー映画を撮るべき、だそう💨




::::::::::::::::

このように普段見る夢をtwitterやblog に書いていたら、
「こんな悪夢を見るような波動の低い人に見てもらいたくないとお客さんが思うだろうから、このようなネガティブなことは書かない方がいいんじゃないですか? お客さん心配してますよ」
というアドバイスを(親切心から?)してくれた人がいたが、
悪いけど、そんなナンセンスなことを言われた瞬間こそが
まさに波動が落ちた気がした。

悪夢を見ているときの私は、
何かに手を伸ばしているような感覚。
何か大事なことを知ることがもう少しでできそうな。
それが気持ち悪い設定の中に入っているわけなんだけど、
それもまた自分ではある意味おもしろいと思っている。

波動の上がり下がり・低い高いというのは
個人の感覚でしかないと思う。

私はナンセンスなこと(や常識のルール)につかまれそうになったときが一番波動が落ちる気がする。

世の中で言われていることよりも、
自分の感覚のほうが大事だと思ってる。

だってデヴィッド・リンチの映画や、
デヴィッド・クローネンバーグの映画は、
ネガティブ or 波動が低いなんて一言では片付けられない、

でしょう?✨


陰陽のコントラストが強く、その中だからこそ
強い光の筋がはっきりと見える、
とでもいえばいいのだろうか。
光は、影があることによって強まる。
わたしはそれを
くっきりときれいに見たいのだと思う。

だから悪夢を見続けるのかな。






ラベル: 悪夢
posted by R (あーる) at 04:16| Comment(4) | 見た夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

ミニマリストに憧れる日々

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる


ミニマリストのような生活に憧れている。
毎日、あんなふうに何もないところに住めたらどんなに幸せなんだろう!と思う。

ならば、自分もそうすればいいじゃないかと思って、とりあえず机の引き出しなんかを開けるのだが、ぐしゃぐしゃで、どれもこれも微妙に必要なものばかりで捨てることができず、モヤモヤとしたまま引き出しを閉めることになる。

………。

そんな自分に激しく自己嫌悪。
なんで捨てることができないのか!?
捨てられるよ!全部捨てたってかまわない!
と、毎日何かをしている拍子にふと力強い気持ちになって部屋に行くが、またダメで、お腹の底からふなふなと力が消えていくような気がする。

前にランゲージエクスチェンジをしていたときの友人Paulが、
一番簡単な断捨離の仕方を教えてあげようか?
と言ったことがある。
ぜひ教えてほしい、とお願いしたら、
引っ越しをすればいい、めんどくさくて一気に捨てるから、
って言ってた。
でも、もっといいのは海外に引っ越すこと。
何も持っていけないからって。


自分と比べると、あらゆる人々がダイナミックな人生を送っているような気がするのはなぜか…?


::::::::::::





これも逃避なんだけど、
今日、断捨離をする代わりに、
たけしのテレビタックルに、私がこころでひそかに尊敬しているミニマリストの佐々木典士さんが登場しているのをYou Tubeで見た。

外国人のタレントが、佐々木典士さんの何にもない家に一晩泊めてもらうというやつ。

ヒロミ以外、ビートたけしや阿川佐和子や他のほとんどのコメンテーターたちの感想は、ゴミ屋敷にすむオヤジとほぼ変わらない自己満足、むしろエゴ、みたいなことを言っていて、えっ、そんなふうに思うのか!と驚いた。

佐々木典士さんがこのミニマリズムな生活の中でどんなに最高の贅沢を味わっているのかを、みんなほとんど理解していないみたい。

彼女がいたらこんなことしてられないでしょう(家に連れてこられないから)、というようなことを言っていた人すらいた。

わたしがもし佐々木さんの家に連れて行かれたら、すごい!うらやましい!と思うだろう。どうやってこんなことができるのか教えてほしい!とお願いすると思う。

ここに一晩泊めてもらい、ミニマル生活を体験した外国人タレントも、この良さを理解したようだった。


それにしても、blogランキングで「ミニマリスト」というジャンルさえ出来ているというのに、まだまだこの良さは浸透していないものなんだなと思った。古い価値観が根強いのか??


::::::::::::


それから、番組では「(佐々木さんは、物に)こだわっていましたよね」と誰かが言っていて、みんなも、そうそう!と言って
こだわりのある人はミニマリストになる、というような結論になっていた。

わたしはそれを聞いて、
そうとも言えるし、そうとも言えないんじゃないかと思った。

ミニマリストを検索していると、
ただただ物がなくなって、殺伐とした感じになっているのも見たことがある。

わたしが佐々木典士さんのミニマリストぶりに憧れているのは、
佐々木さんがセンスの良いおしゃれな人だからなのかもしれない。

他にもおしゃれふうを装っているミニマリストの人の本やblogも見たことはあるが、ほとんどの人は佐々木さんのようではなかった。

おしゃれふうな定番のものに自分を当てはめているだけのような平凡さと息苦しさを感じさせるものもあった。それは人目を気にしている感じがする、ということだけど。

佐々木さんはそのような枠にハマるのではなく、そこから飛び出て、自分で本当に心のそこから好きなものを選ぶことを楽しんでいる、という感じ。今までいろいろな物を見てきた量が他の人と格段に違うからなのかもしれない。


私も異常に厳選した服15着とかにしてみたいな。
相当きもちが良いだろうと思う。
しかし、毎回美容室に同じ服を着て行くのは勇気がいるだろうなとも思う。
でも、そんなこと気にしなくなるのが本当のミニマリストなはず…


::::::::::::
ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -


佐々木典士さんはあのおもしろい本ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ - の印税(推定1500万とTVでは言われていた)をどこかに寄付したらしい。

佐々木さんは、街全部を自分の家だと思っているというようなことを本の中で書かれていたと思うんだけど、たとえば、喫茶店は応接間で、図書館は書斎、のように。

その寄付って、一瞬びっくりするけれど、この考え方でいくとわかる気がする。

世界全部が自分、と考えたら寄付をするのは自分のため、とも言えるのではないかと思った。

そんなスケールの大きな思考ができるなんて、本当にすばらしいと思う。ますます憧れる、ミニマリスト、、、
いつの日か、自分なりに極限までいらないものを捨て去り、本当に大事なものを大切にする至上の生活が絶対できると信じている!✨👊



前に佐々木 典士さんの本について書いた日記…『衝撃の本 「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -」』

posted by R (あーる) at 05:55| Comment(0) | 手放す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

うちのくまさんとぬいぐるみお泊まり会

FullSizeRender 9.jpg

図書館で開催されるらしい
「ぬいぐるみおとまり会」ってすごい。

小学生以下の人のぬいぐるみは
これに参加できるとのこと。

うちのくまさん(しろくまのぬいぐるみ)も
参加できたらいいのに。

「ぬいぐるみたちは、夜の図書館でどんなふうに過ごすのでしょう? 」

だって。
うちのくまさんがもし図書館にお泊まりに行ったら、
みんなに(他のぬいぐるみたちに)スカした生意気なこと言いそう、、。





BFと一緒に作っている漫画。うちのくまさんが出演した回。
        ⤵
tumblr_oif2ko07vg1s2v7y0o1_1280.jpg









posted by R (あーる) at 02:33| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

目標達成の海水浴

1001 Things to Spot in the Sea


一昨日、信じられないことに、海に泳ぎに行くことができた。

それも朝9時に起きて!

私のような夜型が朝9時に起きるということは、
通常朝7時に起きるような朝型の人の感覚で言えば、
早朝3:30に起きるようなものだと思う。

彼は朝5時台に起きて、張り切ってお弁当にするパンとかナッツとかを買ってきてくれたり、持って行くためのアイスコーヒーを作ってくれていた。

海水浴に行くなんて5年以上ぶりくらい。

二人ともめんどくさかったし、
現実感がなかったし、
8月には海に行こうなんて言っていたけど、
ちょっと前の梅雨のような長期間の悶々とした日々で
「あ〜、今年もやっぱり海に行かないだろうな〜」
と思っていたから意外な行動力だった。

それも前日の夜、タロットに
「明日はどこに行ったら楽しいですか?」
と2人で聞いたら
「海」と言われたのが大きかったと思う。



::::::::::::::::::

Tarot: The Open Reading


タロットには、朝10時半にでかけると良いと言われていたので、
そのとおりにした。
江ノ島についたのはお昼頃。

一昨日は2週間ぶりくらいにカラッと晴れた
高気温の日だったような気がする。

海の家の呼び込みをいくつも受けながら、我々は、
東浜のビーチの奥の方まで進んで行った。

入り口近辺も、前に来た時よりは人がいないと思ったが、
奥のほうがもっと人がいないように見えたから。

かなり外れのところまで来て、呼び込みすらやる気を失っているようなところでお世話になることにした。その海の家の中はガラガラで、ほぼ誰もいなくてナイス👍

INTEX(インテックス) リルホエールライドオン 152×114cm 58523 [日本正規品] INTEX(インテックス) 浮き輪 クリアカラーチューブ 91cm 59251 【色指定不可】 [日本正規品]



そして、信じられないことに、
お昼頃には2人で海に浮かんでいたのである!
(海の中で1時になったというアナウンスが聞こえた)

いままで私が寝坊すぎて、こんなに早く海に到着したことなんて一回もなかったから、これだけでも感激だ。

もっと感激したのは、海と砂浜が綺麗だったこと。

前に来た時は、海の中や砂浜にたくさんお菓子のアルミホイルのようなものがあってチクチク痛かったし、気持ち悪かった。
でも、今回の海は、砂浜にゴミが全然落ちていない。
海にもへんなものが浮かんでなくてとてもクリーン。

それがとても良かった。

来る前に300円ショップで買ってきた浮き輪1個に
二人でつかまってぷかぷか浮かんでいるだけで幸せを感じた。
信じられないとすら思った。BFも同じことを言っていて楽しそうだった。
「海にいるとなんで余計なことを考えないんだろう」
とも言っていた。

人がすぐ近くにいないので、おもいきり好き勝手できるのも良かった。こんなに暑い日なのに、海が混んでいないなんて、なんてラッキーなんだろう。

ひっくりかえって浮かんで太陽を見た。
雲の形もいい感じだった。


Harry by the Sea



::::::::::::::::::


BFはおやつの時間を楽しみにしていたので、
しばらくすると「一回あがる?」と何回も聞いて来た。

そう言えば、来る途中、電車の中で隣に座った女性が突然おにぎりを食べ始め、それから私の頭の中はおにぎり一色になってしまって「おにぎりが食べたい」と電車を降りた瞬間から彼に言っていたのだけれど、ラッキーにも駅を出たすぐのところに「銀座すし職人がにぎるおにぎり」という車販売が!さっそく塩にぎり(買ってから目の前で握ってくれるやつ)を買って、ビーチまで歩きながら食べて来たのだった。

というわけで私はおやつより海がよかったけど
3回目くらいに聞かれたときに
「じゃあそうしようか」
と言って一旦、海から上がった。

彼が買ってきて持って来てくれていた
vegan用のくるみパンとナッツを食べた。
アイスコーヒーは砂の熱で37度くらいにはなっていたと思う。


食べ終わって、
「そうだ!砂風呂をするんだった!」
と思い出し、そこで砂を掘ろうととしたけれど
全然深く掘れそうになかった。

「あそこにちょうど2つ穴があいてるけど?」
とBFが差しているところは、
たしかに人が入るくらいの穴がなぜか2つ掘られているが、
なぜ?? 不思議すぎる!

そこは少し湿っている場所で、中の水たまりが気になったけど、
そこ以外ではスコップなしで掘ることなど
絶対に無理だったから
その穴をさらに掘ることにした。

湿っているので堀りやすかった。


「免疫力が高い体」をつくる 「自然療法」シンプル生活 (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

「僕は腸が弱いから(数日前におかしなものを食べたデトックスで吐いたばかり)、腸をやろう」
と、彼は、お腹だけ埋めて手足を亀のように外に出している。

私は全身砂浴をしようとしていたので大変だった。
彼が一回砂から出て来て、私を埋めるのを手伝ってくれた。
思い切り息が吸えないくらい、ぴっちり砂に埋まってすごく苦しかった。胸骨を広げることができないのだった、、。


The Edge of the Sea


「ねえ、もうそろそろ出ていいかな?」
と、横に埋まっている彼が何回も聞いてきたけど、
「もっと長く埋まってないとデトックスできないよ。瞑想でもしていたら」
と、制した。



そのうちに潮が満ちて来て彼は外に出たらしい。

私はまだタオルをかぶった上から大きな麦わらぼうしを被った完全防備で埋まり続けていた。
「もうここまで水きちゃうよ!そろそろいい加減出て来たら? ねえ! あっ!Rの顔の横に死んだ魚が流れてきたぞっ!」
よく見えないが、彼は埋まっている私の世話をしてくれているらしい。

そのうち、どんどんどん!と人が歩く足音がやたらと近く聞こえて来て、踏まれる恐怖を感じ始めた。

その頃には、砂の中に海の水がサ〜っと流れ込んでくるのを感じ、タオルの隙間から外を見て見たら、デコボコだったはずの体にかけた砂が波に均され綺麗になっていて、通り過ぎる男の子たちが私をみて、腹の底から…というようにおもいきり爆笑して行った。

私の頭だけが突然砂の上に置かれているかのように見えたそう。
とても奇妙な光景だったそうだ…。



::::::::::::::::::

Drawing The Sun (About the Workshop Series)

こうして念願の砂浴も体験し、
もう一度海の中へ。

太陽は、さっきより少し古くなっているような気がした。
3時くらいだろうかと思った。

以前までの私はこれくらいの時間に海に来ていたわけだ。
さっきのお昼のフレッシュな海を体験できなかったなんてかわいそうだな、などと調子の良いことを考えた。

さっきまでの海に比べると、なんとなく終わりの雰囲気が漂っている。
人は砂浴前よりも少なくなった。
海水は相変わらずちょうど良い温度。
砂の上は裸足で歩けないほどの高温だけど
(実際、裸足だとあっという間にやけどするから必ずサンダルを履くようにと何度も放送がかかっていた)、
海の中にいるといくら暑くても気にならないのが不思議だ〜。

浮き輪につかまっているのが疲れたので、
交代で平泳ぎとかクロールの練習をした。
二人とも、5メートルくらいで脱落してた。

そして、あっという間に4時すぎとの放送が。

まだもっと海でゆらゆらしていたかった。
何がそんなに楽しいのか自分でもわからないけど、
海の中は本当に最高だった。
写真撮ることなど、すっかり忘れて帰ってきたくらい。

こう書いて思ったけど、写真を撮ろうと思いつかないって、
近年ではすごいことだと思いませんか?




Into the Sea


::::::::::::::::::


帰ってきて驚いたのは、BFの手足が真っ赤に日焼けしていたことだ。
「ぼくは腸が弱いから腸をやるね」と言っていたシーンがフラッシュバックした。そのとき砂から外にでていた手と足が丸焦げになったよう。ラベンダーwaterをたくさんかけた。ヒリヒリしてかなり痛いらしい。私も、海から出ていた肩だけ、真っ赤。

「だけど楽しかったね。この達成感はなんだろう」と彼が言っていた。
よくおもいきって行ったね、と思う。それくらいふだんの私たちは腰が重い。とくにアウトドアのレジャーに関して…。それなのに、砂浴までしっかりとして2、3時間も海の中でゆっくりできたなんて、ここまで完璧な海水浴は2人にとってはじめてだったかもしれない。もっと海にいたかったと2人とも思っていた。


それから気になったこと。海でまわりを見て思ったが、私のような中年の女性は海にいない。いたとしても、服を着ていて水着になっていない。いるのはみんな10代、20代くらい。そんなふうに窮屈に人を生きさせる日本は悲しいと思う。子供から老人まで海で泳げるような雰囲気があったらいいと思った。



posted by R (あーる) at 06:24| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

昨日見た夢「愛、その途上で」

レジェ・「サーカスの曲芸師たち」 プリキャンバス複製画・ ギャラリーラップ仕上げ(6号サイズ)

昨日、へんな夢を見た。

かなり年配の占い師の男性、
本人は本格派っぽいつもりでいるらしいのだけれど、
どこかインチキくささがぬぐいきれない人と
夢の中で私は知り合いで、

その人が地上高いところに
十字に張られた電線の上に登場する。
ホワイトベージュのスーツを着て。
怪しい曲芸師として。

それを見た私は、「ああ!」と思う。
ああ、これはこの人にぴったりじゃないか、と。


そこにスピーカーから
女性の声で
「愛、その途上で」
とアナウンスが。

その電線の下、
地面にも同じように
四角の中に十字が描かれていいるのだが、

「愛、その途上で」
というのが聞こえたとたん、
私は、その地面に十字に仕切られた枠の中の端で、
首を左下に傾けて体をねじりポーズをとるのだ(!)。

そして、枠から出て去って行く。

そのときの私は、私ではなく
ワンレングスのボディコンを着ていて
80年代の人みたい。

(デマ―クト)De.Markt スカート 欧米風 無地 超セクシー ワンピース ナイトクラブ スカート 長袖スカート 魅力的なスカート



:::::::


場面は変わり、
私は、何かギャングかヤクザが関係する事件を
目撃してしまったらしく、
証人になってくれとベン・アフレックに説得されている。

私が証人になれば、
ベン・アフレックのおばあちゃんが助かるらしい。

証人保護プログラムで絶対に守るから、
と言われるが、
自分とは関係ない事件で
今までの生活を捨ててしまうことなどありえない!
と私ははっきりと思う。

よく海外ドラマでこういうシーンを見ることがあるが、
全くもってありえないことだ!
と感じている。

BEN AFFLECK / ベン・アフレック - オリジナルアートマウスマット(アーティストによって署名されました) #js002


そうしたら、ベン・アフレックは
ならばせめて祖母の見舞いに行ってやってくれと言う。
「それくらいしてくれたっていいじゃねえか」って。

夢の中での私とベン・アフレックは
同級生で幼馴染だったのだ。

これで葡萄でも買って、
と律儀にお小遣いまでくれるので、
かわいそうになり私はお見舞いに行った。

そして、病院から
マンション(一人暮らししていたときのワンルーム)に帰ってきたら、私の部屋のドアの前に
ブロンドで天使のような美形の殺し屋が立っていた。

Thousand Kisses Deep
(Chris Botti みたいなルックスの人だった)

わたしは一目でその人が残酷な殺し屋だとわかって、
走って逃げ出す。

死ぬほど走りながら、

お見舞いに行くってことは
この事件の証人になることと同じことだったんだ!
と、気づいて愕然とする。



レジェ・「サーカスの曲芸師たち」 プリキャンバス複製画・ ギャラリーラップ仕上げ(6号サイズ)


その時、唐突にまた
頭上のスピーカーから
「愛、その途上で」
というアナウンスが。


上には電線とあの曲芸師があらわれ、
私は、またワンレングスのボディコンで
ポーズをとるのだった。
枠の中の隅っこで。

という夢。


:::::::::::

朝食のときにBFにこの夢を教えてあげたら、爆笑して「絶対わすれないようにblogに書いておいたほうがいいよ!」と言うので、書いておいた。

「愛、その途上で」って…、イタリア人の巨匠映画監督にしか許されないようなタイトル。


それはさておき、夢を見た後、私が考えたことは、十字に仕切った空間のこと。
小さい時、「十字架鬼」という遊びをしたことを突然思い出した。
どういうルールだったかももう覚えていないけど、地面に四角と、その中に十字を書いて、それで子供達が遊ぶなんてすごい発明だな、と改めて思った。十字架鬼は結構白熱するゲームだったような気がする。



posted by R (あーる) at 02:08| Comment(2) | 見た夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

BFの激しい排毒デー

THE マクロビオティック
久司 道夫
マガジンハウス
売り上げランキング: 124,125


昨日はBFが具合悪くて大変だった。

彼は数ヶ月に一度位、頭が痛くなり
吐き気がして何もできなくなる。

数年前に肉食からマクロビオティック食に変えた時は、
2週間もそれが続いた。
(なぜか私はこの最初の排毒というものがなかった)

それからは、数ヶ月に一回くらいだったけど、
昨日のようにゲーゲー吐くまで具合が悪くなったことはなかったので、
ちょっと怖くなり、近所の病院に行くことにした。

その病院は、間違いのない診断をしてくれる素晴らしい病院だが、
クリニックからの紹介がないと行くことができない。

でも、クリニックに行って
また別の日にそこに行くなんてことをしていて
手遅れになるような病気だったらどうする?!と思い、
電話でお願いして救急外来で受け付けてもらうことにした。


:::::::::::::::::

10分くらいの距離だけど彼は歩くことができないというので
タクシーで行った。

体温と血圧を測ったが、
両方とも正常値。
先生は、「胃腸炎かなと思ったけれどそうではなさそうなので」
と言っていた。

何かおかしなものを食べたかと聞かれ、
彼が言いづらそうにしているので、
Dr.ハウスの「患者は嘘をつく」というのを思い出し
「正直に!」
と、後ろから促したら
「……賞味期限切れの食パンを食べました」
と自白してうなだれていた。

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス:ファイナル・シーズン バリューパック [DVD]

「でも、賞味期限切れてるのなんかよく食べてるのに、、
もしかして食パンてバターとか添加物入りの普通のやつのこと?」
と後ろから聞いたら、そうだと言う。

最近、そういうのをたまに食べていたらしい。
彼は自分でもそれが原因だとわかっていたみたい。

「アレルギーを持っているんですか?」
と先生から聞かれ、
「ビーガンになってから、肉や魚や乳製品や添加物入りのものを食べると、すぐに体に影響が出るようになったんです」
というようなことを彼が答えていた。

先生はそれがどうしても理解できないようで
「アレルギーかな、、食べてどれくらいで体に出ますか?」
とか聞いていた。

それを聞いていて、
一度ビーガンに完全になった人が
それ以外のものを食べたときにどうなるか?
ということは本当に世間に知られていないんだなと思った。
お医者さんにさえ。

せめてお医者さんにはこのことを
知っておいてもらえたらいいのになと思った。
話が早いから。


:::::::::::::::::

久司道夫のマクロビオティック 入門編 (Kushi macro series)


とはいえ、私もマクロビオティックを始めたばかりの頃、
野菜以外の肉とか魚とかを食べると具合がわるくなる、
と言う人の話を本で読んで、「うっそだ〜!」と思っていた。
そして、もしそれが本当なら、
私の体にもそのようなことが起きてみてほしいと思った。
それを体験して本当かどうかを知りたかったから。
それは意外に早く来たけれど…。


菜食やっていたけどやめた、という話もよく聞くけど、
短い期間でも完全に菜食をやっていた人は
やめることができないだろうと思う。

なぜなら、体が思い切り拒絶するようになってしまうから(今回の彼のように)。
完全ビーガンの人が他のものを食べないのは、
それが怖いっていうのもあると思う。



それにしても、今回、彼が食べていたものは
添加物入りとはいえ、スーパーなどでたくさん売られている、
しかもいろいろな会社が作っている普通の食パン。

純粋になった体には受け付けられないようなものが
多量に売られ、みんなが毎日パクパク食べていることは
ちょっと怖いような気もした。


:::::::::::::::::

アズワン I.VスタンドHP2090-S シルバー /8-4172-03

それから血液検査をしている間に、
吐き気どめの点滴をしてくれるという。
「それで大丈夫そうだったら、家に帰れますから」
とのこと。

電気の消えた広い部屋に
ベッドがたくさん並んでいる部屋に連れて行かれ、
一番奥のベッドのまわりをカーテンで遮ってくれて
看護婦さんが点滴をつけてくれた。
1時間半かかるという。

私は薄暗くて本も読めないし、
だんだん眠たくなってきた。

「横で寝ても大丈夫かな」
と言ったら、
ぜひ寝なさいよ、というように、彼がポンポン横を叩くので、
ベッドの端に丸くなって一緒に寝た。
二人でぐーぐー寝てたら看護婦さんが点滴の減り具合を見に来て、
「ここは患者さん用のベッドですから」
と叱られ飛び起きた。
しかし、こんなところで二人で思い切り昼寝できて
なんだかほのぼのした楽しい気持ちだった。


:::::::::::::::::


血液検査も問題ナシで、
これが単なるいつもの排毒症状だと判明してよかった。
帰りもタクシーで帰りたいと彼は言っていたが
病気じゃないので歩いて帰った。

今回のことは、彼にとっても衝撃だったらしく
ちょっとした出来心でここまでの惨事になるとは思わなかったようだ。
とっても反省したそうで、ぐったりしながらしくしく泣いて
おかしなものはもう絶対食べない!と誓っていた。

食パンのほかに、私に秘密で何を食べていたか教えて、
とお願いしたが
「あと1ヶ月くらい真面目にやって自信がついてから教える」
と言って教えてくれなかった。

私は、彼がスーパーで売っているポテトコロッケとか
立ち食いそばとかを食べていたんじゃないかと思うのだけど、
どうだろう。真相は謎。

とても知りたい。









続きを読む
posted by R (あーる) at 04:48| Comment(0) | マクロビオティック/ローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセス解析タイ・バンコク情報