2018年06月09日

uslu airlinesのネイルポリッシュ✨

uslu.jpeg

お気に入りの uslu airlinesのネイルポリッシュを
たくさん買ってしまった👊✨💥

なぜかといえば
残念なことにuslu airlinesは
日本市場から撤退してしまうと聞いたから。


fullsizeoutput_170.jpeg

uslu airlinesは、瓶の見た目のままの色が
爪に出るところが好き。

あと、瓶のデザインもドイツらしくてかわいい。

そしてつけた感じは、
他のマニキュアよりも微妙に垢抜けた色になる。
これが微妙だけど確実に違うので、
uslu airlinesを使ってからは
こればかりになった。


これが大人買いというやつか、、。

saleになっていたので10数本も。

:::::::::

今はジェルネイルが人気で
ほとんどの人はジェルにしてると思うけど、
わたしはジェルじゃない派。

一週間で塗り替えられる手軽さが好き。

あと、自分のがさがさな手には
この自己流なよれよれしたネイルが
合っている気がして。


ウスルエアラインズは
パリのコレット(もうなくなったんだっけ?!)にも
置いてあったそう。
コレット、さすが




続きを読む
posted by R (あーる) at 06:21| Comment(0) | おしゃれ気分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

Dear オオカミ

Der Wolf: Wild und faszinierend


なんでこんなことになったのかは
自分でもよくわからないが、
最近、狼についての本をたくさん読んでいる。

最初のきっかけは、
武蔵御嶽神社ってどこにあるんだろう?
と思って調べたことだろうか。


三峯神社 開運ビジュアルブック


なんとそのHPには、

「盗難除け、魔除けの神「おいぬ様」として親しまれてきた「大口真神」は、 実は、犬ではなく日本狼です。
ー武蔵御嶽神社HPより引用 」

書いてあったのであった! 


犬とオオカミって近いのかあ!と思って、
オオカミが神様なんてかっこいいなあ〜、
犬よりも頼もしくていいかもな、
などとミーハーなことを思った気がする。


オオカミの護符 (新潮文庫)
小倉 美惠子
新潮社 (2014-11-28)
売り上げランキング: 73,051


そして翌日、偶然にも
太極拳のクラスに行った時、
山登りの話題になって、
御嶽神社の話が出た。

先生が行く前にこれを読んで気分を盛り上げた、
と言って、教えてくださった「オオカミの護符」という本。

読んでみると、
オオカミのことが知りたくなった。



:::::::::::



ちょっと前にみたドラマ
『ゲーム・オブ・スローンズ』(原題:Game of Thrones)にも
象徴的にオオカミが出てくる。


GAME OF THRONES ゲーム・オブ・スローンズ - Jon Snow/ポスター 【公式/オフィシャル】



オオカミが出てくるたび、
私のハートは高鳴り、
オオカミの顔のアップなどになると
本能だけが浮かび上がるかのような
光線みたいなその瞳に
完全に魅了されてしまったのだった!




:::::::::



狼の群れと暮らした男



その後、いろいろな狼の本を読んでみた。

中でもひときわすごいやつがあった。

それは、『狼の群れと暮らした男』という本。


ロッキー山脈の森の中に野生狼の群れとの接触を求め決死的な冒険に出かけた英国人が、飢餓、恐怖、孤独感を乗り越え、ついには現代人としてはじめて野生狼の群れに受け入れられ、共棲を成し遂げた稀有な記録を本人が綴る。
ーAmazon.co.jpより引用

という内容の本なのだけど、
これが想像を絶する。
(以下、本の内容について書いています)


野生の狼に、
仲間として受けれてもらって
野生で過ごすということは、

匂いを消してはいけない(認証のため)ので、
お風呂にもずーっと入らないということ
(=匂いを消したら認証されないので殺される危険がある)。
(彼は1年以上そこにいたはず)

食べ物も、狼が狩ってきた
毛付きの鹿とかを生のまま食べるということ。

寝るときも、真冬でも着の身着のまま
そのまま外で寝なくてはいけないということ、

狼の言語を、そして
その組織のあり方を理解しなくてはいけない
ということ!



オオカミたちの隠された生活




狼は肉食動物の中でも上位な存在。

そんな野生の狼の群れのところに
人間が一人ノコノコといってしまえば、
当然、一瞬で食べられてしまう可能性のほうが
高いかもしれないわけで、、。


それでも彼が
そのハイなリスクをとって
森に入っていったのは、

彼の中でのプライオリティーが
なによりも「狼」だったから。

他の何よりも
狼のことだけを考えて暮らしていたそうだから、
殺される目にあったとしても、
どうしてもそれをしたかったようだ。


普通の人の感覚から言ったら
「どーかしてるよ!」ってことだと思うけど、

情熱の力って、本当にすごい!
クレイジーとも言えるかも!



::::::::::::


Wolves on the Hunt: The Behavior of Wolves Hunting Wild Prey



彼はそこで体当たりで狼の仲間に入っていったわけだが、
いつ殺されてもおかしくないから、
一瞬も気を抜いたことはなかったそうだ。


「仲間にいれてもらった後は大丈夫でしょ?」
と思うかもしれないけど、そうじゃないようだ。
その「いつ殺されてもおかしくない」
という意味は、、


たとえば、
子を産んだ母親狼は、
心臓に疾患がある子にはおっぱいをあげない。


この著者は、のちに狼を保護して飼育していたとき
それをみてかわいそうに思い、
放置された赤ちゃん狼を
あっためて育てあげたそうだ。


しかし、数年後、突然その狼は死んでしまったらしい。
先天性心臓疾患があったということを
死後に知って
著者は愕然とするわけだけど、


つまり、母親はすでにそのことを
最初から本能で知っていて
無駄なことはしなかったということか!

と、理解して。



それは冷たいというのとは違う。
地球のエコシステムに本能が従っている
というようなことだと思う。


そのような意味で、

この著者はいつ殺されてもおかしくないのだ。
もし、彼が病気になったりメンタルが弱ったりしたら
すぐに食べられてしまう可能性は高いだろう。


ーーーー



バカルディクラシックカクテルズモヒート 700ml


ちなみに、
著者のショーン・エリス氏が
保護された狼を観察していた時期、

酔っ払いが柵の近くを通ると、
狼がすごい勢いで吠えるので
その理由を調べてみたという話があった。



原因は、アルコールのにおいではなく、
フラフラの千鳥足に狼は反応していたらしい。

つまり、弱ってまともに歩けない者は、
突如、狼にとって被食者になるということ!!

そんなことを知っている彼だから
一瞬も気を抜かず、すごい勢いで(生死をかけて)
オオカミの性質をリアルに吸収していくのだった…。



私がオオカミの本を読んで
いちばん惹かれたのは、
オオカミたちのセンチメンタルな感情のなさかもしれない。


ただ凶暴なわけでなく、
無駄がない。
シンプルがゆえに美しく存在している。



::::::::


Wolves 2017 Calendar (Square Wall)


それから、
とても意外だったのは、
オオカミは群れで行動するということ。

「一匹狼」っていうのは本当に外れものでしかなく、
まっとうな狼は群れを作るのだそうだ。


そしてその中には秩序があり、
リーダーがいて、用心棒がいて、、、
というふうに役目がある。


一頭の鹿を殺しても、それぞれの地位によって
食べる部位が違うのだという。


業務用 国産牛レバー(肝臓)(西日本産) ブロック(1Kg) 加熱用



リーダーは、
肝臓などの内臓やいいところを食べる。

そして、食べたものは
リーダーの体から発する匂いになるので、
他の群れが
初めて彼らに出会ったとしても
どの狼がリーダかがすぐにわかるのだそう。



The Wolf Almanac: A Celebration of Wolves and Their World



そして、リーダーはメスなのだそうだ。

リーダーは、みんなが食べる物についての
決定権も持っているが、

自分の子供が生まれそうになったら、
エネルギーの低いものを食べるように指示するらしい。

そして彼らが子供を傷つけることなく
迎え入れることができるようにするという。


子供を身ごもったオオカミは、
環境が悪いと判断すると、
お腹の中の子供を
自分の体内に吸収してしまうことさえできるのだそうだ。

まるで魔法のような恐るべき能力!!
なんて賢さなんだろう。



:::::::

The Man Who Lives with Wolves


彼は狼の仲間になれたが、
それは普通の、よくある「犬と人間が仲良しになって...」
というような感じとは違うようだ。

彼が普通の人にはできないくらいの深さで
狼の生き方を根底から理解し、
その狼たちのテンションと
同じモードで暮らすことができる人間だった、
ということではないだろうか。

そのテンションを少しでも落とせば、
いくら仲間になっていたとしても、
狼たちは彼を殺していたかもしれない。

それは、狼が自分たちの群れを安全に守るため、
という唯一の理由のために。


しかし、そのテンションを
キープできていたことにより
彼は狼の仲間の一員として、
手厚く守られることが可能だったのだ。

この非情のような
優しさのような
シンプルな世界。


Wolves: Daily Planner Calendar 2017


::::::::


彼は、体が人間なので、
生肉だけを食べ続けるのには限界があったようで、
生きて帰れる間に戻らなくちゃ、という本能だけで
人間界に帰ってきた。

本能だけで帰ってきたということは、
そのときに帰らなければ死ぬと思ったわけで、
それは確かな判断だったのだろう。



そんな彼が人間界に戻って
強く違和感を感じたのは、
人間の複雑さだったという。

言っていることと、思っていることの違い、
その裏腹な表現の仕方。


狼たちの、単純な、
でもその中に優しさがある、
そのあり方が
彼はとても恋しかったそうだ。


Never Cry Wolf



::::::::


帰ってきてから、彼は、
保護した狼たちを
いつでも野生に還ることができるような狼にするために、
奮闘し始める。

そこには興味深いことが書いてあった。

保護されて生きている狼は、

安全だし、
チームワークを駆使して獲物を狩ることもないわけで、
餌も当然与えられるわけだが、
そうなると、子供を作らなくなるそうだ。


群れでいる必要性がなくなるため、
殺し合いが始まるらしい…。




FOSTEX かんすぴ スピーカーシステム ハイレゾ対応 P802-S


そこで、ショーン・エリスさんは
野生で得た狼の性質についての知識から、

別の狼の群れが近くいるかのように思わせるため
録音した狼の遠吠えを
あちこちからスピーカーで流して聞かせたらしい。


これが効果抜群だったそうだ。

別の群れがいつか襲ってくるかもしれない、
という危機感から、
狼は群れになり、
子供を作り始めるのだそう。



ここで、私がハッとしたのは、
人間界も、あまりにも便利になって
一人で生活できるようにしすぎると
不自然なことになっていくのではないだろうか、
と感じて。



:::::::::::


Wolves 2019 Calendar


彼は、狼の遠吠えを聞けば、
狼が何を発しているかがわかるそうだ。
彼も、同じように、
遠吠えの仕方で意図を的確に表現することができるそう。


アニマル・コミュニケーターという職業があるらしいが、
このショーンさんのやっていることこそが
まさに動物の言語を理解するということではないだろうか?!


その動物の
生存のし方を理解するということが
彼らの言葉を取得することになるのかもしれない。


::::::::


オオカミが日本を救う!: 生態系での役割と復活の必要性
丸山 直樹
白水社
売り上げランキング: 337,031



狼は、大きい動物など襲って殺すことができるから、
そこだけを見ると恐ろしいもののように思える。
だけど、狼がいなければ、動物界の生態系が崩れ、
上位の狼に食べられるはずのものが
大量に生き延びるようになり、
またその下位の動物にも影響が、

そして、それは
自然界全体に及ぶようになってしまうことを知った。



狼の大量虐殺がヨーロッパであったように、
彼らは気味の悪い存在かのように
物語では扱われているが、
我々の生態系においても
すごく重要な存在なんだな。

(ゴキブリとか、そういうものでも
生態系のある役割をしているはずで、
意味のない、
害だけがある生き物なんて
ないんだなと思う。)


狼のことを知れば知るほど、
宇宙とまさに一体化している
神聖さに心打たれる。

狼、
なんてかっこいいすてきな生き物なんだろう。





:::::::::::::::::


このvideoの中で、ショーン・エリスさんは
野生の狼との暮らしで得てきた知識を使い、
狼たちの赤ちゃんを育てている。
人間が狼のあかちゃんに遠吠えを教えるって不思議だな。




狼の群れと暮らした男
ショーン エリス ペニー ジューノ
築地書館
売り上げランキング: 31,549








posted by R (あーる) at 00:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

さようなら、ジョニー

嫌われものほど美しい―ゴキブリから寄生虫まで

私は今まで
家の中でゴキブリというものを見たことがなかった。

その前に、
生まれ育った北海道にはゴキブリがいなかったから、
10数年前まで、
ゴキブリというものは
漫画の中でしか見たことがなかった。

でも、ある時、
夜の街で大きな虫がテケテケ歩道を横断した時、
誰かがきゃー!!と騒いで、
ああ、これが噂のゴキブリというやつなのか
と初めて認識したのだった。

みんなは気持ち悪がるが、
今までゴキブリを見たことがない私からすれば、
カメムシと何が違うの?という感じ。

だけど、イメージとは恐ろしいもので、
ゴキブリ=すごく汚い、というレッテルは
それ以来、どんどん強く私の中で貼られていったような気がする。


:::::::::::::::
くらべた・しらべた ひみつのゴキブリ図鑑 (ちしきのぽけっと)


前置きがとても長くなったけど、

数日前、彼が
「昨日、洗面所にゴキブリがいたんだよ!」
と訴えてきた。

この家でゴキブリなんて
今まで一度も見たことがなかったのに!

しかも、うちは、
生ゴミが出たら、捨てるまでの間、
全部冷凍庫で固めておくので
ゴキブリなんて出ようがないはずなのに!

と、思い、私は本気にしなかった。


Coconut Oil Key West Organic Bar Soap Cold Process All Natural Orange Handmade Soap Premium Therapeutic Grade Essential Oils Ocean Scented Vegan Bath and Body Soap By Uwharrie Soap Company [並行輸入品]

しかし翌日、洗面所で顔を洗おうとした時に、
高級な石鹸(1300円もするやつ!)とたわむれている
ゴキブリらしきものを
私も見てしまった!

その石鹸は手作りのやつで
フルーツか何かが入っているそうだから
ゴキブリにとってはおいしいものかもしれない。
そういえば、ゴキブリは石鹸カスが好きというのを
聞いたことがあるような気もする。


ゴキブリの家


その夜、彼に
「見たよ、ゴキブリ!」
と教えたら、

「ジョニー、いたでしょう?!」
と、彼は、当たり前のように
ゴキブリに名前をつけて呼んでいた。

「…ジョニーっていうの?」

「そうだよ。あの一匹だけなんだろうか?」

「どうする、ジョニーが子持ちとか家族持ちだったら?」

「困るよ、単身赴任で来ててもらわないと!」


ゴキブリを調べる (やさしい科学)



我々はうろたえていたが
どうしたらいいかわからず放置することに。


しかし、翌日、やはり洗面所の天井を歩いているジョニーを見た時、
やはりここで共生するのはやばいんじゃないか、、
と、とうとうゴキブリ退治に踏み切ることになったのだった。

ブッダだったら共生するだろうな、、。

kartique Medicine Buddha

マツキヨで、どの商品にするかを悩みに悩んだ挙句、
ふつうのゴキブリホイホイを買ってきた。
美味しそうな匂いにつられて入ってきたら
足がくっついて出られないっていうやつ。


アース製薬 ごきぶりホイホイ+ デコボコシート 5枚x2個パック


洗面台の両隅と、
念のため台所にも仕掛けておいた。
だけど、ジョニーが生息しているのは
間違いなく洗面台の隅だろう。
いつもそこに逃げて行くから。

翌日、早朝にチェックしてみたら、
すでにジョニーが引っかかっていた。
彼に見せてあげたらいちもくさんで捨ててくれた。

さようなら、ジョニー。
よく知りもしないで殺してごめん。

ゴキブリだって愛されたい 昆虫たちの都市伝説


残りのゴキブリホイホイはまだスタンバイ中だけど
以来、一匹もかかってない。
やはりジョニーは単身赴任で来ていた様子。

黄金色のやつだった。
ほんとにゴキブリだったのだろうか?




その後、ゴキブリはベチパーとかクローブの香りが嫌いだということを知り、それに虫がきらいなシトロネラも入れて虫除け精油ミックスを作って玄関に振りまいておいた。静謐な香りがします。



ジョニーを殺す前に、もっとゴキブリのことを知っておいてもよかったかもしれない。でもそんな余裕を持てなかった。
ゴキブリたちの優雅でひそやかな生活
リチャード シュヴァイド
徳間書店
売り上げランキング: 677,457



posted by R (あーる) at 01:07| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

SFよりすごい装置


The Peripheral

人はほぼ1日中妄想している。

動物は妄想しない。
だから「今」だけに生きることができる。

人は妄想によって、ほぼ過去に生きている
といってもいいと思う。

私は、「今」を生きる動物の純粋性に
このところとても惹かれていて、
それがすごく魅力的に見えるので
犬が欲しいと思っていた。
できることならオオカミが欲しい。

でも、この間、晩御飯を食べていたときに
気づいたことがあった。


::::::::

Pattern Recognition


彼とおしゃべりをしながらご飯を食べていたのに、
瞬間、私はある過去を思い出し、
それにリアルに浸っていたのだ。

ハッと気がつくと、目の前の彼も
私には見えない彼の中の過去に
今、この場で浸っているような顔をして
テーブルの一点を見つめ
もくもくとサラダを食べている。

そのとき、
これって、すごいことではないか?!💥
と初めて真剣に思ったのだった。


Pattern Recognition



言うなれば、
テレビとかそういう装置があるわけでもないのに、
頭の中に、ある映像を超リアルに立ち上げ、
その中に入り込むことができるなんて!

ほんとうの私はここで夜ごはんを食べているというのに。


彼と私は同じ場所にいたのに、
頭の中では同じ場所にはいなかった。

これは、よくよく考えると
まるでSFのようではないだろうか。


もしかすると人間て、
とてつもなくハイパーな装置を備えている
ということなのでは?👤📱



私が動物で、もし感情を持っていて、
人間が、過去や未来(の想像)を
頭でいくらでも自由に
繰り広げることができることを知ったとしたら、
なんてうらやましい!
人間になりたい!!
と思うだろう。

このような素晴らしい装置が備わっている特権を
人間はもっと喜んでいいと思う。

そしてこのSF以上の装置を最高な形で使うことを
考えてみるべきなのではないだろうか。




:::::::::


Labyrinths (New Directions Paperbook)


この装置のすばらしさを
人間は本気でよく考えたことがないから、
普段は、エゴに操られるまま
未来への心配や、過去の出来事に対する
後悔や恥ずかしさや怒りなどしか映していない。


いうなれば、せっかくのデバイスを
エゴによる自動運転モードにして
見たくないものばっかりを見てる。


このチャンネル権というか、コントロール権を
自分でしっかりと持つという自覚を持てば、
この装置はかなり近未来的に使えるものではないだろうか?




:::::::::::::
モーツァルトの100枚。~決定盤BEST


この装置がうまく働いている状態というのを考えてみると、
自覚はなくても、
人間が、あるプロジェクトを立ち上げようとしているときだと思う。

今日は残り物でごはんを作るけど、
何かおいしいもの作れるかな、
とか、

この花はもっと元気に咲くような気がするけど、
どうしてあげたらいいのかな、
とか、

あるいは
ある境界線を越えようとしている
アスリートやアーティスト、
あるいは普通に仕事をしている人が、
「こんなことができたらわくわくしちゃうな」
という動機のもとに、
想像力を、どん!と立ち上げるとき。


もしも、その動機がほんとうに純粋なもので
この装置を使うなら、

それは単なる個人の想像を
超えたところまで広がって
何かありえない状況とつながるように思う。
(そのようにして芸術作品というものはできあがると思う)


その動機が
絶対的に純粋でないといけない理由は、
本当に「やってみたい」と
純粋に思うことでなければ、
この想像を
力強く積極的にすることができないからだ。


Archangel #4 (of 5)


エゴによる想像の自動操縦により、
人間は、いろいろな思い込みを加速させられ、
それにより苦しんでいる。

想像と現実の区切りがなくなってしまっている。

この動物にはない「装置」により
人間は「今」を生きることが難しいわけだけれど、

逆にこれをうまく使えば、
今までSF映画などで見てきたどんなハイパーな装置よりも
すごいことができるに違いない。
ドキドキ✨

となると、
いままで純粋に見えて
うらやましかった動物たちが
突然、不器用な存在に見え、
かわいそうに思えてきたりする自分が
勝手でおかしいなと思う🐶


(これって、よく考えてみれば、思考を超えるとか、引き寄せの法則とか、そういうことと近いことなのだと思うが、
このイマジネーション(あるいは妄想)に浸る人間の状態の異様さに、はじめて本気でハッとした衝撃を書きたかったのだった)



狼の群れと暮らした男
ショーン エリス ペニー ジューノ
築地書館
売り上げランキング: 40,746


狼が語る: ネバー・クライ・ウルフ
ファーリー モウェット
築地書館
売り上げランキング: 388,943





posted by R (あーる) at 06:36| Comment(0) | スピリチュアル&ヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

野放しの自由が許されている私

放し飼い昆虫記


先日、Netflixのリアリティ番組で

トゥレット症候群の男の子が、恋人を見つける番組を見た。

(「恋人を探して!デートでいつも悩むこと」シーズン2の1話目。)


トゥレット症候群というのは、

自分の意図とは関係なく、

チックがとまらない症状をいうらしい。



その男の子は、

俳優になれるくらいかわいい顔をしていて、

性格も陽気。


ずっと一緒だった恋人とつきあっていた間は、

みんなから「治ったんじゃない?」と言われるほど

チックが軽減されていたそうだ。


なのに別れて以来、とても激しい症状がとまらなくなり

困っていたそう。



道を歩いていても、

「死ね!この豚野郎!売女!」とか

大きな声で、

彼の意思とはまるで関係なく

口からののしる言葉が飛び出てしまうのだ。

(勘違いした人から殴られるんじゃないかとヒヤヒヤした)




それを見て思ったのは、

トゥレット症候群ではない人は、

ただ単にそれをうまく押し隠していることができているというだけで、

人間はみんな心の奥に、

まっくろな闇(憤り、怒り、憎しみなど)を持っているんだろうなということ。


トゥレット症候群というのは、

それが単に、わかりやすく溢れ出しているだけにちがいない。


こんな明るい男の子でさえ

こんなに罵りまくっているのだから。




::::::::::

敏感にもほどがある



その番組を見たのがきっかけとなったのかはわからないが

(目の前の人や、テレビの人の感情を

まるで自分のことのようにして感じてしまう特性があるため)


わたしはその後、数日に渡り、

自分の嫌なところを振り返ることをしていた。


今まで一度も思い返したこともないような大昔のことが

突然、いくつも蘇ってきたのだ!


それは脳天を殴られるような衝撃だ!


それらは、あまりにもひどい行為すぎて

ひとつひとつ反省する気にすらならない。


=向き合いたくない。


"そんなの本当の自分じゃない"

"たまたま、そのときはいろいろなことが重なってそのようなことになった”

というような感じで捉えたい。



だけど、きちんと向き合わなかったとしても、

大きく見たところで、

自分は最低なゲスな人間だとしか思いようがないと思った。


(もしかすると、こんなこと思うのも、

先日の誕生日@Contact Tokyoで楽しい一夜を明かしたあとの

サイゼリアで、隣の席に座ったHip Hop DJたちの会話が

耳に残っているから?


彼らは、言い争いをしていて、

責められていた一人が、

「俺はゲスな人間ですよ、俺ほどゲスな人間もいませんよ」

と言っていた言葉が、ぐわ〜んぐわ〜んと

わたしの頭に鳴り響いた)



::::::::::



こうやって自分の酷さに、改めて、というか、

こんなに酷いということにほぼ初めて、気づいてみると、


今まで自分に対して

どんなひどいことをした(ように見える)人の行為ですら、

自分に比べたら根本的にかわいいものではないかとすら思った。


そして、自分の酷さなどすっかり忘れて、

自分はもしかしたら

それほど悪くない人間な方なのではないかとすら

感じていた自分が信じられなかった。


小学校の時の担任の女教師が

「Rちゃんはこのままいったら刑務所行きですね」

と家庭訪問で母に言ったらしいが、

その先生が言ったことは、かなり的確で正しいだろう。


刑務所の中 (講談社漫画文庫)



(刑務所に入っている致命的な犯罪をした人間は、

やはり自分の罪と向き合うことは嫌だろうと思う。

つらすぎるからしないと思う。

だけど、反省していないかといえば別の話で、

ただ、漠然と、自分は最低だと感じるだろう。


あまりにも罪の重さを感じすぎたら、

もう開き直って悪人として一生をすごすほうが楽だ、

と私なら思うかもしれない)



::::::::::


滝田商店ブランド 榊 造花(一対) (全体の長さ33cm)◆神棚(お宮)・神殿の神具、神前のお供えに欠かせない道具【滝田商店発行 証明書付】


しかし、こんなにも最低な自分であるにも関わらず、

私はまだ刑務所には入っておらず、

全く問題はないわけではないが、

まるで普通の人と同じように自由に過ごすことが許されていて、

特に不自由もなく、

好きな仕事をさせてもらっている。



何より、自分にぴったりの彼と出会い一緒にいるなんて、

神様って、

とてつもなく寛大なんだなと思った。



寛大すぎるくらい、

人間ではありえないほど

だから神様なんだ。



今から、もっともっとマシな人間になったとしても、

それでもまだきっと埋め合わせるには

足りないくらいな最低さだと思ったから、

この時ばかりはTarotがよく言っている

「過去は関係ない」「罪なんてない」

とかいうことを考えるのが

ちょっと難しかった。


が、


神様が寛大な措置をしてくれたことを踏まえて、

このことの結論を

どう持っていけばいいのかと考えてみた。


私の猫たち許してほしい (ちくま文庫)



まず、思ったのは、


今後、誰かが自分に

ひどいことをした(ように見えたり感じたり)としても、

責める資格など私には全くないということだ。


だって、自分は、それ以上にひどいことを

他で誰かにしたかもしれないのだから。


そして、虫がよすぎる願いだけど、

「願わくば、私が人にしたひどいことを

誰もが個人的に受け取らず傷つかないでいてくれればありがたい」

とも思った。


なぜなら、それは

その人が悪いわけでは1mmもなく、

すべては私の、心の狭さだったりエゴのせいなのだから。


ゆえに、私は、

誰かが自分に何かをしたとしても、

「こんなひどいことをされた」とは受け取らず、


その人が、

その人の感情のまま、

動き回っただけだと考えればいい。


野放しで自由にいきることが許されている私にとって、

それは、唯一、過去の自分を許す方法にちがいない。

そして、そうしたら本当にタロットが言っているように

誰にも罪などないのだ、と、思った。





Yeager Tarot of Meditation Deck


::::::::::


ちなみに、あのトゥレット症候群にかかっている男の子には、マッチメイカーがゴスなメイクをした女の子を紹介した。彼らは、共通の趣味の映画の話で意気投合し、不思議なことに彼のチック症状は彼女と会っている間、出なかった!彼女と会う直前まで、5秒の隙もないほど悪態つきまくりだったというのに!幸せだとチックが止まるんだ! もし、彼女と彼の相性が悪かったら、チック症状は続いたままだっただろうと思う。それから、強く個人の趣味を持つことって大事だなとも思った。人とわかち合うことができる種だから。
posted by R (あーる) at 07:10| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

父の誕生日に考えたこと

Journal Flowers Pretty White Lilies

今日(もう昨日)は、
(天国在住)の誕生日だった。


百合のお花とフルーツを買って、
それから、桜餅を買おうと思って成城石井行ったら、
そこでお財布がないことに気がついた😖💥


あわててその一つ前の店、
フルーツを買ったところに戻ったら
買い物後にみんながカゴから袋に入れたりする作業棚のところに
私のお財布がまだちゃんと乗っていた。


お財布の中身はあと400円しか入ってなかったから
誰も取らなかったのかも🐶✨

世の中、いいひとばかりがいる気がした。



::::::::::


実りの庭
実りの庭
posted with amazlet at 18.04.20
光野 桃
文藝春秋
売り上げランキング: 437,060


今日(昨日)は、実りの庭という本を読んだ。

光野桃さんが
お母様を介護されたときのことが書かれていて、

それでその後、
わたしは、ずっと両親のことを考えていた。

「Rの両親が、偶然にも二人とも
介護とかの必要もなくポックリ逝ってしまったのは、
Rへの最大の子孝行なんだと思うよ」

と、BFが言った。

私もそう思う。

本当に、よくそう思う。



::::::::::


私くらいの年齢で
両親が2人とも亡くなるというのは
けっこう珍しいそうだ。

しかし二人ともこの世を去ってしまった。


以来、私は、
死というものについてよく考えるようになった。

よく思うのは、

母は怖がりやさんだったのに、
よく見事に一気にラインを越えることができたということ。


死ぬ瞬間は怖くなかっただろうか。

怖くなかったらいいんだけど。

母が怖いと思う暇がないほど
すぐに意識がなくなっていたらいいと思う。


怖がりやの母が
そのようにラインを越えることができたのだから、
きっといつか私にもできるだろう。


::::::::::


両親が亡くなってから、
このblogはこのように
年寄り臭い話題ばかり書いている気がする。


自分の中で、
両親がこの世にいるのと、
いないのとでは
やはりちがいがあるのだと思う。



何が一番ちがうかといえば、
もう何も誰にも証明したり、
誰かの期待に応えなくていいということ。



親がこの世にいた時には、
何か認めてもらいたい気持ちがあったと思う。
それから、喜んでもらいたいという気持ちがあった。


だから、この世でいうところの
人目につくことを何かしなくてはいけない部分があったけれど、
もう今はそんなことが必要なくなって、


必要なくなって気づくが、
私はずーっと穴蔵に隠れていたいような人間なんだということだった。




Little Mole, Please Open the Door!



::::::::::




両親のことは、ほぼ毎日思い出す。

両親がこの世を離れてしまった人たちは
みんなそうだと思うけど、

わたしも父や母の純粋性をよく思う。



何があっても、どんな時でも、
絶対に人のことを悪く思わず、
人のことを絶対に悪く言わない父は、
純粋すぎてわたしには未知だった。


母は、いろいろと心配して守ることも大事にもする人だったけど、
大胆なところもあった。

そして、誰も見てなくても、
行うことにはすべて真心をこめてする人だった。

母が何かを適当にする姿は見たことがない。



天国に行ってしまった両親の
純粋性だけがこの世に残り、

私は、何もする必要がないと感じるのだ。

両親のように純粋になれるよう努力する以外には。





A Deluxe Book of Flower Fairies




うちは普通の家庭よりもかなり厳しい家だったと思う。
それなのに20代のときBFと一緒に暮らすことを許してくれた。
母は、「お母さんは、Rちゃんが一人じゃないことが安心でいいとおもうの」と言っていたが、おかげでそばには彼がいつも一緒にいてくれている。これ以上ない楽しい仲間を与えてくれて、この世で出会わせてくれた神様にいつも感謝します。それから、愛しすぎるほどたくさんわたしを愛してくれて、たくさんのものを与えてくれた父と母、祖父母に感謝します。




posted by R (あーる) at 05:16| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

絶叫する身体の声を聞く


スクリーンショット 2018-03-25 6.04.16.jpg

バカだった。

自分で3月のタロットリーディングをして
”余計なことして無理するな”って書いていたのに、

気軽な気持ちから、

ついうっかりと

すごい面倒な作業を手伝う羽目になり、

それがあまりにも自分の能力以上の
マルチタスク(しかも一週間以内に提出)だったため、
ひどい目にあってしまった

しかも自分の仕事とは何の関係もなく、
一銭の得にもならないことなのに!

お金にもならないことは、
この際どうでもいいとしよう。
それは最初からわかってやっていたことだから。

だけど、ちょっとはおもしろいかと思ってやることにしたのに
実際には、
ほぼおもしろくないややこしいことを
集中して何日もやらなきゃできないっていう、、
それが自分でもびっくりするくらいのストレスだったらしく…。



まず、終わりから3日前に、
喉の付け根あたりに何かができたように痛くなって、
それは皮膚の上から触っても痛いような感じで、
もしかしてガンだったらどうしよう〜!!
などと思っていたら、

翌日、
激しい咽喉炎になった 

そしてさらにその翌日は、
起きて服を着ている時、
今日も空いている時間にあれをやらなきゃいけないのか〜
と思った瞬間、
体が熱くなり、全身にバーっと
伝染していくかのようなすごい勢いで
じんましんができはじめたのだった!


::::::::::

偶然にも、
その日は太極拳の教室の日だった。
しかたがないからそのまま太極拳に行って、
我慢してやっていたらなぜかじんましんは治った。


そういえば、前にBFが
ジメジメと暗くなっていたことがあって、
それが非常に圧迫感があり、苦しかった。

その時にも、一週間くらいすると、
腕に蕁麻疹ができ始めた。

それを見たBFは慌てて明るくなり、
「そうだ!太極拳しなよ!」と言って、
私にむりやりなぜか太極拳をやらせた。
その時も、それで蕁麻疹が治ったのだった。

(それ以前にも同じようなことがあり、
そのときは夜にどうにもならなくなって
緊急外来に行ったのだった)



::::::::::

今回は、じんましんはすぐ治ったからよかったが、
咽喉炎は依然としてたまらなく痛かった!

おまけにまた
腱鞘炎になりそうな痛みを手首に感じ始めていて、
それもヤバい雰囲気、、。



なんにも食べたくなくて、
その日夕食担当だった私は、
れんこんとブロッコリーをミキサーにかけたやつを
火にかけ、スープを作ったくらい。
固形物が食べられないと思った。






その時、そうだ!と思い出し、
点滴注射級と噂のリプライセルというやつを飲んでみた。


空腹のときに飲むように、
とあったが、
ずーっと何にも食べたくなかったので、
いつでも飲んで良い状態だったから
1日に3回くらい飲んだ。


そして、その面倒な作業を
仕事の隙間でなんとかやり終えた。。

朝の10時までかかって。。

寝る前に、
蜂蜜だけを売っている蜂屋さんから
母が購入していた超高級プロポリスも飲んでおいた。

:::::::


翌日、4時間しか寝てないのに
パッと目が覚め、
喉の根元も痛くないし、
すべてを闇に変えてしまいそうに痛かった咽喉炎も、
なんだったの?というくらい
全然痛くなくなっているし、
手首も治っていた 

あの面倒臭い作業が終了したから??



これをもう少し続けたら、
たぶん私は死ぬだろう。

BFは、私が日に日にボロボロになっていく様を見て、
心底呆れ果てたように、
「なんってわがままな体なんだろう!と思うよ。
ちょっとやりたくないことやったからって
ここまで漫画みたいにボロボロになる人いないって!」
と言っていたが、
私もそう思った。

ほとんど異常の域だと思う。


だけど、ここまで身体がすぐに絶叫してくれるから
安全に守られているのでは?

もし、こんなわがままじゃなくて
どんなストレスにも真面目に耐えるような身体だったら、
知らないうちにガンとかになってしまうのではないだろうか?!
とも思った。

わがままな身体よ、ありがとう✨

ところで、
リプライセルとプロポリスの株は
私の中で急上昇した。⤴⤴
(これもすごく効いたと思う!あの疲労の後、4時間睡眠で眠くないし)
しかし、空腹になることが少なくなってしまったので、
なかなか飲むチャンスがなくて残念だ。




:::::::::::::
飲むビタミンC点滴と言われているのは、大げさじゃないと思った!
この値段だけ見ると高いと思っちゃうけど、点滴1回分のお金で3箱くらい買えるのか、、と思うと、なぜか突然安く感じる。私は健康のために使ったけど、肌が綺麗になるらしいです。




posted by R (あーる) at 06:44| Comment(0) | スキンケア&ビューティー&健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセス解析タイ・バンコク情報